無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

同じ病気
みどり
みどり
あそぼー
雛子
雛子
うん!遊ぶ!!
私は長期入院が決まり、部屋を移ることはあまりなかった。


きっと、そのせいだろう。

みどりちゃんとずーっと喋ってたんだ。
みどり
みどり
何する?
雛子
雛子
うーん…
みどり
みどり
あ!!!!
雛子
雛子
⁉︎
びっくりしたーー!(笑)
みどり
みどり
ごめんごめん(笑)

この前、ママが塗り絵買ってきてくれたの。一緒にやる?
雛子
雛子
いいの⁉︎
みどり
みどり
もちろん!
みどりちゃんがナースコールを押した。
雛子
雛子
具合悪いの…?
みどり
みどり
違う違う!(笑)

見てたら分かるから!
雛子
雛子
…?
うん…。
看護師さん
どうしたの?
みどり
みどり
あ、あのね、このページを2枚コピーしてほしいんだけど…
看護師さん
OK!
みどり
みどり
ありがとう!
看護師さん
じゃあ、待っててね!
みどり
みどり
うん!
看護師さん
あ、雛子ちゃん、薬飲んだ?
雛子
雛子
飲んだー!
看護師さん
よしっ!
看護師さんが親指を立てる。

小児病棟は若い看護師さんが多い。

だから、なおさら小さい子達と仲良く出来るのだろう。








しばらくして看護師さんが2枚の紙を持って戻ってきた。
看護師さん
こんな感じでいい?
みどり
みどり
おーーー!!!
いい感じ!!

ありがとう!
看護師さん
いえいえ〜

じゃあねー!
みどり
みどり
ばいばい!
雛子
雛子
ばいばい!
すごく難しい塗り絵だった。

ドレスの塗り絵だったんだけど、細かくて、たくさん色を使った。
みどり
みどり
雛子ちゃんはさぁ、なんで入院してるの?
雛子
雛子
なんかねぇ、心臓の病気なんだってー
みどり
みどり
そうなんだ…、私も同じ。
雛子
雛子
そうなの?
みどり
みどり
うん。
〇〇〇〇〇〇〇っていう病気。
知ってる、その病気。

知ってるよ、知ってるんだよ…
雛子
雛子
雛子も一緒…
みどり
みどり
嘘⁉︎
雛子
雛子
ほんと(笑)
みどり
みどり
ねぇ、ドーメイ組も!!
雛子
雛子
…ドーメイ?
みどり
みどり
うん、ドーメイっていうのはね、「仲間になろう!」っていうお約束みたいなやつだよ
雛子
雛子
みどり
みどり
漢字で書くと…
みどりちゃんが小さいノートに漢字を書く。






「同盟」







そう書いてあった。
雛子
雛子
へぇ〜!
なんでも知ってるんだね!
みどり
みどり
中学生だもん!(笑)
雛子
雛子
そっかぁ!(笑)





こうして、私たちが同じ病気であることが分かったのだった。