無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

123
2021/07/30

第6話

# 誕 生 日
のぞむside

今日は俺の誕生日、、、なんやけど

望 「 なあなあ!今日ってなんの日やと思う? 」

『 あ! 』

望 「 なに?! 」

『 梅干しの日や! 』

望 「 ガクッ 」

流 星「 へーそうなんや 」

『 そうやで! 』

こんな感じでさっきから変な記念日を言うてくる

そんなん出てくんねやったら俺の誕生日絶対覚えてるやろ!!!

望 「 ⋯ホンマに分からん? 」

『 え、逆になんかあるん? 』

グサッ

これはもう完全に忘れられてんな、

望 「 ちょっと俺、出かけてくる⋯ 」

















『 やりすぎた? 』

大 毅「 めちゃくちゃ落ち込んどったな笑 」

淳 太「 あれ、だいぶやられてんぞ笑 」

智 洋「 じゃあのんちゃんおらんうちに準備しましょか! 」

7 人「 はーい! 」

どーも!あなたです!

え?誕生日忘れてなかったの?って⋯

大事な家族の誕生日忘れてるか!!!笑

こんなんサプライズに決まってるやないの

でもまぁ望結構落ち込んでたよね?笑

まあまあそんなことは置いといて←おい!By望

望がおらんうちに準備、進めていきます!

あ、ちなみに担当はこれね?↓↓↓↓

・ 料理⋯あっくん、智くん

・ ケーキ作り⋯うち

・ 飾り付け⋯淳太、大にぃ、流星、崇にぃ



ㅇ飾り付け班

大 毅「 もうちょっと右じゃない? 」

淳 太「 そんなに引っ張ったらこっち届かへんねん 」

大 毅「 えー 」

流 星「 🎉パンッ 」

崇 裕「 うわっ! 」

淳 太「 ちょ、何さきに鳴らしてんねん 」

流 星「 鳴るか試した 」

淳 太「 そんなん分かるやろ! 」

大 毅「 じゅーんーたー! 」

淳 太「 なに? 」

大 毅「 なんもない 」

淳 太「 じゃあ呼ぶなや! 」

大 毅「 笑笑 」



ㅇ 料理班

智 洋「 どう? 」

照 史「 うん!美味い! 」

智 洋「 良かった〜 」

照 史「 これ、多分分量間違えてるよな? 」

智 洋「 あーそうやな。でも照史やったらいけるやろ? 」

照 史「 プレッシャーがすごいわぁ笑 」

智 洋「 笑笑 」



ㅇ ケーキ作り

『 ここはこうして⋯ 』

『 ここにはコレを乗せて⋯ 』

ヒョイッ

『 あっ!! 』

大 毅「 うまぁ…✨ 」

『 ちょっと!食べんといてや!! 』

大 毅「 ええやん1個ぐらい 」

『 ダメ!淳太〜コイツ連れて行ってやぁ 』

大 毅「 こ、コイツぅ?! 」

崇 裕「 はいはい、大毅はこっな〜 」ヅルヅル

大 毅「 いやぁ〜〜〜!!! 」

そして、、、

7 人「 完成ー! 」

『 てか、全然帰ってこうへんなぁ 』

流 星「 探しに行く? 」

照 史「 そうしよ! 」





















望 「 マジで忘れられてんなぁ 」

おかしいなぁ

毎年祝って貰っとったはずなんやけど、、、

諦めて帰るか⋯

「 お・に・い・さんっ♡ 」

望「 はい? 」クルッ

「 もしかしてぇ1人ですかぁ? 」

望 「 いや…別に 」

「 え〜なになにぃ冷たくなぁい? 」

なんやねんこの人⋯

望 「 俺もう帰るんで手、離してください 」

「 えー?なんでぇ? 」

望 「 なんでって⋯ 」

今日はホンマとことんついてへんわ、、、

グイッ

望 「 うわっ! 」

『 うちのお兄ちゃんに手、出さんといてもらいます?笑 』

望 「 あなた?! 」

「 は、はぁ?私は何もしてないわよ! 」
 
『 何言うてるんですか?うち、最初っから見てたんですよ?笑 』

「 っ⋯この女!! 」バッ

バシッ

智 洋「 ちょっとちょっと〜俺らの弟と妹になにしてるんですか? 」

「 痛いわね!離しなさいよ! 」

淳 太「 それより、手を挙げたことに謝ってくれません? 」

「 っもういいわよ! 」

流 星「 大丈夫か? 」

望 「 俺は平気 」

『 うちも智くんが守ってくれたから平気! 』

流 星「 よかった 」

望 「 てか、なんでみんなおるん、? 」

大 毅「 そんなんお前を探しに来たんに決まっとるやん 」

望 「 そうなんや⋯ 」

『 望、家帰ろ? 』

望 「 、、、うん! 」













『 さっ入って入って! 』

望 「 って暗!w 」

パチッ

望 「 えっこの飾り⋯ 」

パンっ🎉

7 人「 誕生日おめでとう🎊 」

望 「 えー!覚えとったん?! 」

大 毅「 当たり前やん! 」

望 「 じゃあ朝のなんやったん?! 」

崇 裕「 サップラーイズ! 」

望 「 そういうことかぁー 」

照 史「 もう朝からあなたがうるさい笑『みんな!絶対言うたらダメやで!』って笑 」

『 やって心配やん?特に⋯ 』ジッ

流+崇「 えっ俺? 」

『 まぁ誰とは言うてへんからな笑 』

崇 裕「 まぁ流星やろな 」

流 星「 なんでそうなんねん笑 」

智 洋「 よし、パーティー始めようか 」←

2 人「 無視?! 」

そしてなんやかんやありまして(雑)

寝る時間になり、

コンコン

望 「 はーい? 」

『 お邪魔しまーす 』

望 「 どしたん?あ、もしかして俺と寝るため? 」

『 ピンポーン! 』

望 「 え、冗談やってんけど 」

『 じゃあやめとくか 』

望 「 嘘!嘘! 」

『 笑笑 』

ベッド🌙

望 「 珍しいなぁ来るん 」

『 まぁ今日は誕生日やから特別な 』

望 「 あーもう!誕生日サイコー!!! 」

『 大袈裟やな笑 』

2 人「 ⋯⋯ 」

『 今日さ、ギューして寝よっか?/ 』

望 「 へっ?// 」

『 も、もう今の取り消し!おやすみ!/ 』

望 「 おやすみ 」ギュ-

『 おやすみっ 』

俺にとって忘れられん誕生日になったなぁ



✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー✂

のんちゃん、誕生日おめでとう💗

あなた、もう25歳?!

時の流れって早いもんやなぁ←おばあちゃん

これからもお仕事頑張ってください!!!

𝗛𝗔𝗣𝗣𝗬 𝗕𝗜𝗥𝗧𝗛𝗗𝗔𝗬🌈