無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

155
2021/07/28

第4話

# 迷 子 の 子 犬

前髪事件から数日後⋯

『 今日も疲れた〜 』

今は学校帰り。

今日も特に変わったことがなくて安心だwa⋯

ク-ン

『 ん? 』

🐶 ク-ン

『 か、可愛い〜♡ 』

🐶 ワン!ワン!

『 君、捨てられたん、? 』

🐶 ワン!

『 ⋯これは見過ごせん! 』















『 ってな訳で連れてきた☆ 』

🐶 ワン!
 
7 人「 かわいい〜! 」

照 史「 とりあえず風呂行って綺麗にしようか 」

『 よし!ワンチャンおいで? 』

🐶 ワン!ワン!

淳 太「 ⋯警察に届かた方がええよな? 」

流 星「 あなたには悪いけどそうした方があの子の為よな 」

7 人「 ⋯ 」

お風呂🛁𓈒 𓂂𓏸

『 わぁアンタ綺麗な色してんだね 』

🐶 ワン!

『 そうや!名前つける? 』

🐶 ワン!ワン!

『 んー⋯ムギはどう? 』

🐶 ???

『 違うんか笑じゃあきなこはどう? 』

🐶 ワンワン!

『 じゃあ今日からきなこな! 』

🐶 ワン!

『 可愛い!♡ 』



ドタバタ

大 毅「 なんか走り回ってんな笑 」

『 待ってー! 』

🐶 ワン!ワーン!

崇 裕「 おっ出てきた 」

智 洋「 綺麗になったなぁ 」

『 やんな! 』

🐶 ワン!

『 どしたん〜? 』

🐶 ワンワン!

『 ふふっ笑そっか 』

望 「 なんて言うとん? 」

『 この家に来れて良かったって! 』

7 人「 ⋯!! 」

『 なぁ、この子飼ってもいい⋯? 』

淳 太「 …それなんやけどな、警察に届けよう思ってん 」

『 ⋯ 』

照 史「 もしかしたら、その子やって捨てたれたんじゃなくて迷子やったんかもよ? 」

『 でも、きなこはここに居りたいって、、! 』

流 星「 きなこ? 」

『 うん、この子の名前。さっきお風呂でつけた 』

🐶 ワン!

大 毅「 あなた、我儘は聞かれへんで? 」

『 !? 』

大 毅「 きなこがもし迷子やったらどうすん?飼ってた人達はきなこの帰りを待っとんで?もし、あなたやったらどう思う? 」

『 早く、、帰ってきて欲しい 』

大 毅「 せやろ?この子にはこの子の帰る場所があるかもしれへんで? 」

『 うん、泣 』

大 毅「 辛いかもしれへんけど今日中に行こか? 」

『 コクッ 』

大 毅「 ええ子や! 」ヨシヨシ








警察署 👮

警 察「 分かりました。私達もこの子の飼い主を全力で探します! 」

崇 裕「 よろしくお願いします! 」

『 きなこ、バイバイ? 』

🐶 ワン!ペロッ
 
『 ははっ笑くすぐったいよ笑 』

🐶 ワン!ワン!

流 星「 そろそろ帰ろっか? 」

『 …うん! 』
  















望 「 よう頑張った 」ヨシヨシ

『 うぅ〜泣 』



今日は別れのつらさを知った日でした。

きなこ、元気でね?