無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

172
2021/07/25

第3話

# 前 髪
『 ん〜目にかかるぅ 』

智 洋「 だいぶ伸びたなぁ 」

『 智くん切って? 』

智 洋「 俺?! 」

『 うん 』

どうも、あなたですˆ࿀ˆ‪‪‪‪‪‪

最近の悩みはこの前髪。

伸びた前髪が目にかかってます。

望「 えー!俺が切るって!!! 」

『 望は失敗しそうやから怖い 』

大 毅「 俺も!俺も! 」

『 大にぃが1番イヤやわ笑 』

大 毅「 なんでーな! 」

『 頼むんやったらあっくんか智くんやな 』

崇 裕「 えー俺なんでダメなん? 」

『 なんかやらかしそう((( 』

6 人「 わかる 」

淳 太「 俺とか意外と慎重に切るけどな 」

『 何言うてん 淳にぃがこの中で1番不器用やで? 』

淳 太「 なんも言い返されへんわ 」

『 あっくんか智くんどっちでもええから切って? 』

智+照「 俺が切るわ 」

智 洋「 俺がやるから照史はええで? 」

照 史「 いやいや〜俺、前髪切るんめっちゃ得意やで?((( 」

流 星「 じゃんけんしたら? 」

智+照「 ⋯ 」

『 ええな! 』

照 史「 よっしゃ、やろう 」←

智 洋「 せやな 」←

流 星「 え、なんか俺の時と反応がちゃうやん 」

大 毅「 どんまい 」ニヤニヤ

流 星「 なんか腹立つ笑 」

智+照「 最初はグー じゃんけんぽん 」

智 洋「 ✊ 」

照 史「 ✊ 」

6 人「 おぉ〜 」

智+照「 あいこでしょ 」

智 洋「 ✌ 」

照 史「 ✊ 」

智 洋「 な"ー! 」

照 史「 よっしゃー!笑 」

『 じゃああっくんお願いしまーす 』
 
照 史「 は〜い♡ 」

智 洋「 lll_ _ ) 」

淳 太「 落ち込みすぎやろ笑 」

照 史「 どんぐらい切る? 」

『 んと眉毛が見えんくらい! 』

照 史「 かしこまりました〜 」

智 洋「 俺やってあなたの前髪、切りたかったし

崇 裕「 なんか言うとる笑 」

望 「 智洋のこんな顔久しぶりに見たわ笑 」

大 毅「 俺が智洋を笑わせちゃる! 」
 「 コチョコチョ 」
 
智 洋「 ちょ、やめろってwww 」

大 毅「 コチョコチョ 」

智 洋「 爆笑 」
 
流 星「 笑っとるけどこれ合っとん? 」

淳 太「 ちょっとちゃうかな笑 」

智 洋「 ええ加減にしろってww 」ドンッ

大 毅「 わっ 」

4 人「 危ない! 」

照+あ「 うわっ! 」

ジョキンッ

3 人「 バタンっ 」

智 洋「 ごめん!押してもうた💧 」

大 毅「 や、俺は別に大丈夫なんやけど⋯ 」

照 史「 あなた、顔みしてみ⋯? 」

『 ??? 』パッツ-ン

7 人「( あ、ヤバい )」

『 どうしたん? 』

照 史「 ちょーっとだけ待ってな? 」

『 うん? 』

第1回 緊急 兄ちゃん会議

« 説明 »
“兄ちゃん会議”とは兄だけで行われる会議。
普通は月イチで行われるのだが今回は緊急事態。
行われている場所はキッチンの隅。

崇 裕「 あれヤバいんとちゃうか? 」
 
智 洋「 俺、謝ってくる! 」ダッ

大 毅「 待て待て 今、行ったらあなたに嫌われるぞ? 」

智 洋「 そ、それはイヤ⋯ 」

嫌われるのは嫌な兄。

流 星「 バレるんも時間の問題やで? 」

淳 太「 と、とりあえず最後まで切って、後はもう家の中と鏡を全部俺の部屋に集めよう! 」

望「 頭ええな! 」

淳 太「 じゃあこれで決定な! 」

照 史「 俺はあなたの前髪を切るからあとのみんなは鏡の収集な! 」

6 人「 ラジャ! 」

兄ちゃん会議終了。
 
照 史「 じゃあ切ろっか〜? 」

『 うん!さっき何話してたん? 』

照 史「 よ、夜ご飯の話やで?💦 」

『 ⋯ふ〜ん 』

照 史「 😅 」

残りの兄たちは⋯

望 「 この家ってこんなに鏡あんの?! 」
 
崇 裕「 これ、洗面所の鏡どうしたらええねん! 」

流 星「 マジックで塗ろう!(?)」

淳 太「 何言うてんねん笑 」
 
智 洋「 これうまくいくんかなぁ´・ ・` 」









照 史「 よし、切れたで 」

『 ありがとあっくん! 』

照 史「 これくらいいつでも言うてやぁ? 」デレデレ

『 あ、鏡で見たい! 』

照 史「 (⊙⊙)ドキリ 」

『あれぇ?鏡があらへんわ』

照 史「 に、2階にあるんとちゃうかなぁ〜?⤴︎︎︎︎︎ 」

『 そうかも! 』

照 史「( みんな、ごめん☆ )」



大 毅「 ヤバい!来たで! 」

『なあなあ、鏡知らん?』

崇 裕「 し、知らんなぁ汗 」

大 毅「 鏡なんでいるん? 」

『 前髪みたいから 』

淳 太「 そんなん見んだって似おうとるから大丈夫やで? 」

『 似合っとる? 』

6 人「 うんうん! 」コクコク

『 じゃあいいやっ 』ケロッ
 
6 人「 ほっ 」

流 星「 言い方悪いけど単純でよかったわ 」コソッ

智 洋「そうやな」コソッ


お・ま・け

『 そうや、前髪切ったしインスタに載せよ♪ 』

とりあえず、盛れるスタンプを⋯

『ん?』パッツ-ン

ちょっと待って今のなんや?
『 パッツ-ン 』

あ〜なるほど

そういうことやったんやぁ( ͡ ͜ ͡ )

『 お兄ちゃん? 』

7 人「 どした? 」

『 楽しいお話しよっか? 』

大 毅「 えーなになに聞きたい! 」

『 とりあえず、うちの部屋に行こか? 』

7 人「 ゴーゴー! 」

この後、兄たちを見たものはいない…。