無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

117
2021/08/04

第7話

# 夏 を 満 喫
『 うんまー! 』

崇 裕「 もっと食え!食え! 」

『 食べる! 』

あ、ただ今BBQしておりマッスル

淳 太「 BBQするん久しぶりやなぁ 」

『 ホンマやな 』

大 毅「 最後にしたんは俺が23くらいやから10年前? 」

淳 太「 どんな計算のしかたや 」

『 ちょ、www 』

智 洋「 どしたー? 」

『 流星のサングラスに米粒ついとるwww 』

照 史「 あっひゃひゃひゃwww 」

流 星「 えっホンマや! 」

大 毅「 なんで気づかんの笑 」

流 星「 全然気づかんかった⋯ 」

















『 ふー食べた 』

流 星「 美味かったなぁ 」

照 史「 じゃあそろそろ花火する? 」

大+あなた「 するするー! 」






🎆

崇 裕「 綺麗やなぁ 」

『 あ!誰が最後まで残れるか勝負しよ! 』

大 毅「 ええな!最後まで残った人はどうする? 」

望 「 んー⋯その人の言うことを1日聞くとかは? 」

照 史「 じゃあそれで! 」

智 洋「 じゃあいくで?よーいスタート! 」

🎆

淳 太「 あっ落ちてもうた、、 」

流 星「 あっ⋯ 」

大 毅「 えー!俺、絶対残る思ったんに、! 」

崇 裕「 あー!!! 」

残るはこの4人

照 史「 絶対まだやぞ!! 」

『 落ちるなよ!絶対やで?! 』

智 洋「( 山篭り中 )」

望 「 この花火落ちたら俺、死ぬぞ?! 」←

淳 太「 やめなさい笑 」

ポトッ

智 洋「 えー⋯山籠っとったのに、、 」

ポトッ

照 史「 うそー?! 」

崇 裕「 おっあとは望とあなたか 」

ポトッ

勝ったのは⋯?





















『 よっしゃー!!!!! 』

望 「 あ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"あ"あ"! 」

流 星「 うるさっ笑 」

大 毅「 あなたの勝ちかぁ 」

『 え、これなんでも言うこと聞いてくれるん? 』

照 史「 まぁ死ぬこと以外やったらなんでも 」←

『 そんなん言うわん笑 んー 』

『 じゃあこれからもずっと自慢のお兄ちゃんでおってください! 』

智 洋「 なにその可愛いお願い 」

望 「そんなんいつまでもおるわ!!!」ギュッ

『 く、苦しい⋯ 』

淳 太「 なんかもっと凄いんが来るんかと思った 」

『 何がくる思った? 』

淳 太「 女装してとか 」

『 そんなん淳太はいつでもしてるやん 』

淳 太「 いや、女子とちゃうから 」

照 史「 あなたのお願いそれだけでえん? 」

『 何か他に言うてえん? 』

流 星「 俺らは全然ええで 」

『 えーなんもないなぁ 』

智 洋「 え、もしかして言うことないからさっきの言うたん? 」

『 ⋯あ、バレた?笑 』

崇 裕「 えー!!!嘘やん! 」

『 嘘やって笑じゃあ今日一緒に寝てもらおうかな 』

望 「 じゃあ俺ら2人で寝るから 」

大 毅「 お前、なにあなた独り占めしようとしてんねん! 」

望 「 えぇ? 」

大 毅「 とぼけんなや!笑 」

『 じゃあ2人は置いて残りのみんなで寝よっか 』

5 人「 せやな! 」

2 人「 おい!! 」

『 笑笑 』


今日は夏を満喫した日でした。

また来年もこんなふうにしたいなぁ