無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

二十話
私達は最初から吸血鬼だった。
産まれて来た時からずっと。
ピピ(幼少期)
ピピ(幼少期)
んっ…。
気が付くと、そこは薄暗い森の中だった。
隣には…
ピピ(幼少期)
ピピ(幼少期)
姉さん。
この少女を知らないはずなのに勝手に動き言葉を発する。
もしかすると、本当に私の姉なのだろうか。
ぺぺ(幼少期)
ぺぺ(幼少期)
ん〜…。
しかし…顔立ちがよく似ている。
これは、姉妹を確定付けるものだろう。
ぺぺ(幼少期)
ぺぺ(幼少期)
……ピピ?
あぁ、やはりこの少女も私の事を知っている。
目覚めた時には自分の情報は何故か知っている。
だが、この少女の事は知らない。
だが、姉さんと呼んでしまう。
何故だ?
いや、どうでもいい。
面倒くさい。
知りたくもない。
それは、姉さんも同じの様で。
ぺぺ(幼少期)
ぺぺ(幼少期)
………蝶々。
楽しそうに蝶々を見つめている。
あぁ…不吉な蝶だ。
真紅で…まるで血のようだ。
ピピ(幼少期)
ピピ(幼少期)
……姉さん、お腹空いた。
口が勝手に…。
お腹が空いたのは事実だ。
だが、姉さんにそれを言う事はない。
別に言ったってお腹が満たされる事はないんだから。
ぺぺ(幼少期)
ぺぺ(幼少期)
そうじゃのぅ…なら、人間を狩りに行くかえ?
そう…だね…。
ピピ(幼少期)
ピピ(幼少期)
うん。
幼い私達は、これから…4万以上の人間を殺す事を知らなかった。
























ぺぺ(幼少期)
ぺぺ(幼少期)
……飽きた。
たしかに…流石に毎日人間を3食…400年間も続けたらそうだ。


しかも不味い。
ピピ(幼少期)
ピピ(幼少期)
……もう人間食べたくない。
けど、食べないと、血を吸わないと私達が死んでしまう。
ぺぺ(幼少期)
ぺぺ(幼少期)
なら…食べなきゃ良いのじゃ。
生きる為と思うておったが…
……こんな生活をずっと続けるのは嫌だ。
私は400年経った今でも姉さんの事は少しも分かっていない。
何で、姉さんなんだろう…。
勝手に口が動いてしまうのは何故だろう…。
ピピ(幼少期)
ピピ(幼少期)
……死んでも良い。
私達はその後の数日間本当に人間を食べなかった。


それで良い。


そう…思っていた。
けど、その瞬間…
突然目眩がして…
ピピ(幼少期)
ピピ(幼少期)
フラッ
貧血かと思ったけど違った。
気が付くとこの殺し合いに参加していたのだから。
辺りを見回すと仲の良さそうな双子ばかり。
私達は…?
仲が良いの…?
いや、仲が良いはずはない。
これは、強制的な双子。
勝手に口が動くんだもの。
私達に双子愛なんて無い_____。
ぺぺ
ぺぺ
私もそう思うておるよ。
……以心伝心だね。































犠牲者:ぺぺ&ピピ