無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

十二話
〜ポーカー&ジョーカー〜
ポーカー
ポーカー
ほら…人間の気配がする。
ジョーカー
ジョーカー
確かにそうじゃのぅ。
ポーカー
ポーカー
ね?飛ばなくても良かったでしょ?
ジョーカー
ジョーカー
そうじゃな。
ポーカー
ポーカー
私は…勘だけだから。
戦闘は任せましたよ。
ジョーカー
ジョーカー
分かっておる。
ポーカー
ポーカー
……ここを右ね。
ジョーカー
ジョーカー
承知じゃ。
ポーカー
ポーカー
……………。










〜ベラ&ローズ〜
ローズ
ローズ
どんどん魔力が強くなってきてます。
ベラ
ベラ
じゃあ、敵に近づいてきたって事ね。
ローズ
ローズ
早く出会いましょう。
ベラ
ベラ
うん。
ローズ
ローズ
にしても…どの組と出会うんでしょうか。
ベラ
ベラ
さぁ…私は魔力には疎いし、ほとんど相手の組を覚えていないから。
ローズ
ローズ
ん〜、この魔力の強さは相当なものだと思います。
ベラ
ベラ
強い組…?あの暗殺者の双子の組?
ローズ
ローズ
それとは違うような…。
ローズ
ローズ
でも、私も相手の組の魔力の気配は覚えていませんから分からないですけど。
ベラ
ベラ
それでも、もうすぐ違う組と接敵するのは大きな情報よ。
ローズ
ローズ
そうですね。
ベラ
ベラ
あと、どれくらい?
ローズ
ローズ
此処を…左ぐらいですね。
ベラ
ベラ
分かったわ。















〜ローズ視点〜
ローズ
ローズ
あ…。
角を曲がると丁度相手の組と接敵した。
ジョーカー
ジョーカー
戦闘…開始かのぅ。
しかも、相手は天使…。
相当強そうだ。
ポーカー
ポーカー
ほら、右だったでしょう。
………これは、好都合。
相手が強者。
だったら、する事は一つ。
ベラ
ベラ
ローズ。
ローズ
ローズ
分かってます。
私達は目で互いの意思を確認し合う。
ジョーカー
ジョーカー
なんじゃ?もう戦うのか?
さぁ……。
ベラ
ベラ
お願いです…。
ポーカー
ポーカー
命乞い…?聞くわけないでしょ。
ローズ
ローズ
私達を殺してくれませんか…?















〜???視点〜
犠牲者が四人…。
最後には犠牲者が十四人。
僕・私・俺も人殺しの仲間入りだ。
双子…◯達の双子愛は強い方だと…思っている。
だが…
ここには、歪んだ双子愛の者しか居ない。
まるで、恋人の様な双子。
そもそも、双子愛など全くない双子。
日常的に比べられ冷め切った双子。
双子愛はあるが、あまり絆は強くない双子。
一方的に仲良くしている双子。
双子の片割れに殺意を持っている双子。
互いの事はビジネスパートナーとして認識している双子。
そもそも、双子が居ると知ったのは最近の双子…。
ふふっ、歪んでる…。
ワ⚪︎%達はその中のどれに分類されるのだろう。
分かりきっているがな。
さて……また戦闘が始まるみたいだから観戦…だ。
楽しませてくれよな。