無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
807
2020/10/25

第1話

No.0
今の状況を私が1番見たくなかった

目の前で繰り広げられるお金のやり取りを

管理人「じゃあねあなたちゃん新しいお家でも元気でね」(やっとみんなで安心して日々を過ごすことが出来るわこの子不気味なのによく引き取り手が見つかったわねこれで一安心だわ)

あなた「..........」

聞こえてんだよ

クズ野郎

男1「では行きましょうかあなたさん」

といい私の背中を押して黒い車の中に誘導した

私は言われたことに従った

でも

そうしたせいで

こいつらに引き取られたせいで

私は

ヒトではなくなってしまった