無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

🐶
あれから何時間か経って、連絡が来た
みんぎゅ
みんぎゅ
終わったから、迎え頼む
You
You
はい!すぐ行きます!
急いで準備をして
社長の元へ向かった
みんぎゅ
みんぎゅ
おう、ありがとな
You
You
消毒、、しておきました
みんぎゅ
みんぎゅ
さんきゅ
相変わらずみんぎゅ社長は手袋はめていて
座席にはシートを敷いている
みんぎゅ
みんぎゅ
明日からの事なんだが
You
You
はい
みんぎゅ
みんぎゅ
社長室に出勤してくれ
You
You
了解しました
みんぎゅ
みんぎゅ
あ、、、
みんぎゅ
みんぎゅ
出来ればドアの前に居てくれると嬉しい
You
You
わ、分かりました!
あ、やっぱり勘違いだった??
距離縮まったと思ったんだけどな、、
せめてドア開けるのを許される存在になりたいな
みんぎゅ
みんぎゅ
明日からまたよろしくな
NEXT