無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

條原未空
條原未空
よ、よろしくお願いします
葉山千博
葉山千博
あんたさぁ
いきなり顔を近づけてくる
條原未空
條原未空
ひゃっ
おかげで変な声が出た
葉山千博
葉山千博
バイトなら裏口から入ってこい
は?
葉山千博
葉山千博
店のドアから入ったら客のメーワクだろーが
そう言って私のデコをデコピンした
條原未空
條原未空
痛った、、
「すいませーん」
葉山千博
葉山千博
はい、今行きます
葉山千博
葉山千博
とりあえず職員ロッカーの所行って制服着てこい
條原未空
條原未空
は、はい
素直に従う私なのであった