無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

カフェラッテを作っていた時のこと
少しボケっとしていて、
決まった量をカップに入れるんだけど、いつの間にかいっぱいになっていて
それを慌てて取った時
ラッテは熱いから気をつけてね
てんちょーにそう言われていたのに焦っていたから火傷をした
條原未空
條原未空
あつっ
丁度そこに
葉山千博
葉山千博
大丈夫か!?
葉山くんが来てくれた
葉山千博
葉山千博
ばかっ早く冷やせ!!
グイッと私の手を引っ張ると水道の水を勢いよく当てた
少しヒリヒリする
條原未空
條原未空
あ、ありがと
こんな時にドキドキしている自分は重症だ、、
葉山くんが好き、、
葉山千博
葉山千博
ったく、気をつけよろ?
ポンポンと
頭ポンポンをされ
ボンッと一気に顔が爆発しました笑