無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

スタッフルームを出ると
もうお店は閉まっていた
條原未空
條原未空
は、葉山くん!
葉山千博
葉山千博
、、なに?
ゆっくりと振り返った葉山くんは明らかに不機嫌だった
條原未空
條原未空
ごめんなさい、、あたしが悪いのに泣いちゃって
ビクビクしながらも頑張って謝る
葉山千博
葉山千博
、、
反応がない彼
條原未空
條原未空
あ、あの?
戸惑いながらもう一度声をかけてみる
すると、急に
葉山千博
葉山千博
俺こそ悪かった!!
ってぐらいの勢いで謝ってきた
條原未空
條原未空
そん、なあたしが悪いから、、
葉山千博
葉山千博
俺も言い方キツかった
葉山千博
葉山千博
ごめん
葉山くんはばっと頭を下げた
條原未空
條原未空
そんな、顔上げて?
オロオロするあたし
てんちょー
てんちょー
どうしたの〜?
條原未空
條原未空
てんちょー(泣)
半泣きで助けを求める
てんちょー
てんちょー
わっ、葉山くん?
條原未空
條原未空
葉山くんが顔上げてくれない
急いで説明する
てんちょー
てんちょー
あーそゆこと
てんちょーはそう言って葉山くんに近づくと思いっきりバンッと背中を叩いた
葉山千博
葉山千博
ってぇーー
びっくりした顔で見てるあたしと
背中を抑えてる葉山くん
てんちょー
てんちょー
葉山くん、、キミは真面目すぎるんだ、、
てんちょー
てんちょー
だから!こんくらいやってよ
てんちょー
てんちょー
未空
條原未空
條原未空
は、ハイ
てんちょーの行動と呼び名が変わったことにびっくりする
こんな感じでバイト初日を終えたのだった