無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

51
2021/08/15

第15話

授業中の空と屋上
雨音
雨音
(はぁ…授業だるいな…)
すっ、と窓に目を向けると真っ青な空が広がっていた。
雨音
雨音
あ、飛行機雲
そんんことを思っているとあっという間に授業を終えるチャイムが鳴った。
次は昼休み。号令が終わると同時に生徒は仲良しな人の元へと散っていった。

詩星は拓夜を誘って昼ごはんを食べることにしたらしい。
詩星はこっちに来て
詩星
詩星
一緒にご飯食べよー!!!
と誘ってきたが、雨音は
雨音
雨音
ごめん、ちょっと用事があるから先二人で食べてて
と断ってからダッシュで雨音は廊下に出て屋上へと繋がる階段を登って言った。
いつも通り、屋上には誰もいなかった。
この町は都会と言えるほどの建物が多くそびえ立っているわけではないから、
山以外景色を遮るものはほぼなかった。
そこで大きな深呼吸をしてから電話をかけた。


送り先は小学校の頃の保健の先生だ。
優しくてフレンドリーな人だった。
雨音
雨音
お久しぶりです
保健室の先生
保健室の先生
久しぶりね
保健室の先生
保健室の先生
なぁにwまた絆創膏切らしたの?
雨音
雨音
すんません…w
保健室の先生
保健室の先生
親?妹?それともクラスメイト?
雨音
雨音
いや別に…w
保健室の先生
保健室の先生
自分?
雨音
雨音
そんなわけないじゃないですかw
雨音
雨音
自分で自分を傷つけることは自分には想像できませんし…w
保健室の先生
保健室の先生
そうよね
雨音
雨音
まぁ最近よく怪我するようになってw
雨音
雨音
ドジなのかな…ってw
保健室の先生
保健室の先生
そう、じゃあ今日はオンラインの研修会があるから4時半前に来れるかしら
雨音
雨音
あ、神速ダッシュで行きますw
保健室の先生
保健室の先生
頼もしいわねwじゃ、待ってるわよ
雨音
雨音
はい、ありがとうございました
詩星
詩星
おかえりー
拓夜
拓夜
ごめん腹減っててもう食った
雨音
雨音
なwんwでwだwよw
拓夜
拓夜
wwwwww
周りを見渡すと雪浮てる丸雲亜雲が一緒に弁当を食べていた。
雨音
雨音
え、何アイツら一緒に食べてんの…?w
詩星
詩星
あの二人重度なコミュ障だからねぇ
拓夜
拓夜
よくあれで活動できてんな…
雨音
雨音
それw
放課後
雨音
雨音
おー久しぶりっすー
保健室の先生
保健室の先生
待ってたわよ
雨音
雨音
またzo○mのやり方わかんないんすかw
保健室の先生
保健室の先生
毎回忘れるのよね…w
雨音
雨音
ヤバいですよ重症ですよ
保健室の先生
保健室の先生
あ、絆創膏
雨音
雨音
すいませんあざます
保健室の先生
保健室の先生
絆創膏自分で買えないの?
雨音
雨音
親から金貰えないんで
保健室の先生
保健室の先生
まぁそうよね…
雨音
雨音
お年玉から削られてますけどね…w
保健室の先生
保健室の先生
どんな親なのか…
雨音
雨音
まぁ義理の親なんでキツイですね
飯食わせてもらってるだけありがたいっすけど
保健室の先生
保健室の先生
先生いい子すぎて泣けてきちゃう…
雨音
雨音
やめてくださいよもうすぐ研修会始まるんでしょ!?
保健室の先生
保健室の先生
うぅぅぅう…
雨音
雨音
先生!?