無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

15話
里くんの読んでいた本には
こう書いてあった、、、

























夜桜家の血は、魔力を引き寄せる、、、
吸血鬼の怪盗団は、その血を狙っている
ジェル
ジェル
えっ?
莉犬
莉犬
これホント?
ななもり
ななもり
、、、、
るぅと
るぅと
ふわぁ
おはようございます!
って、みんなどうしたんですか?
ころん
ころん
おっはよ〜
どうしたの?
莉犬
莉犬
実はね!
ななもり
ななもり
なんでもないよ
琉兎、論気にしないで(*^^*)
るぅと
るぅと
は、はい
ころん
ころん
え?
うん
さとみ
さとみ
(なんで、隠すんだ?)
ジェル
ジェル
(なんで黙っとくんやろう?)
莉犬
莉犬
(なんで?
2人に隠すの?)
ーななもり目線ー
里くんの本を見た瞬間にみんな固まっていた




















でも、俺はただ、黙っているだけだった
だって、、、






















俺は、この中でたった一人だけこの話を知っていたから、、、
いや、違うきっと仲間の琉兎や論も知ってる
本当は、みんなに知って欲しくなかった
でも、あの時話に乗らなかったら
勘のいい里くんがきずくと思ったから
俺達は、みんなに合わせた、、、















合わせるしか無かった















だって、俺達















琉兎、論、俺は






























吸血鬼怪盗団だから、、、、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
まぁ、ビックリな展開です!
作者も、驚きましたー∑(๑ºдº๑)!!
あと、今日急に友達が遊びに来たんです!
そしたら、るぅとくんのアルバムの、
君と僕のストーリーのアルバム!!
自分のお小遣いで買ったアルバムの
CDをパキッって割ったんです!
そしたらごめんねも言わずに、笑ってて
私、泣きそうでした(੭ᵒ̴̶̷̥́⚰︎ᵒ̴̶̷̣̥̀ᑦ)
友達が帰ったあと、お姉ちゃんに、励まされながら泣きました!
そしたらお姉ちゃんが、アルバム1個くれたんです!
お姉ちゃんは、鑑賞用と保存用にして2個買ってたのを1つくれたんです!
お姉ちゃんありがとう(*^^*)
てなことが、今日ありました、、、
なんかこんな話してごめんなさいね!
てことでおつぷりー(*^^*)
すとぷりみんな
すとぷりみんな
おつぷりー(*≧v≦)