無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

5話
ガラッ
【ドアが開く音】

ドアが開いだ瞬間と、共に
女子は、黄色歓声を上げた!
男子は、呆れていた
キャーーーとか好きーとか
色んな声があった。

私は、女子でたったひとりの中
本を読んでいた、、、
あなた

(うるさいな)

心の中でおもった
早く静かになれって

なのに













なんで、、、









こっちに、、、
















来るの?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
今回めっちゃくちゃ短いんですけど許してください!
おつぷり!
すとぷりみんな
すとぷりみんな
おつぷり!
見てくれてありがとうございました⸜( ・ᴗ・ )⸝