無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

10話
ー生徒会室ー
あなた

これでよしっ!
(やっぱりクラス全員分だと多いや)

るぅと
るぅと
僕達も持ちます!
あなた

あ、ありがとう

ころん
ころん
ちょっと待ってあなたちゃん
あなた

何?

るぅと、莉犬、ころん
るぅと、莉犬、ころん
僕/俺達
吸血鬼なの知ってるでしょ?
吸血鬼って何するか知ってる?
あなた

え、えっと、、、
血を吸うことぐらいしか知らない

ころん
ころん
そう!
僕達は、血吸って生きてんの
1週間に1回は吸わないと
貧血で倒れちゃうの!
だから、、、ね?
あなた

え?

るぅと
るぅと
僕達の姿を知ってるのは君だけなんです!
だから!僕達に血を恵んでください!
というか拒否権ないですよ?
あなた

な、なんで?
拒否権は、私にもあるはず!

莉犬
莉犬
ないよ
さっきも言ったけど君の血は特別
他の吸血鬼だってその血を狙っている
その中には、君を自分の物にしようとしてる
吸血鬼だっている!君はいつ狙われてもおかしくないんだ!
あなた

それとこれとなんの関係が?

ころん
ころん
君の血を飲めば、吸血鬼は
強くなれるんだ
るぅと
るぅと
だから、みんな
あなたの血を狙っているんです!
それにあなたの血は最高級に美味しいんです!(●´ω`●)
莉犬
莉犬
だから、俺達が血を飲めば
強くなって他の吸血鬼を倒せる!
それに他の能力も手に入る!
あなた

つ、つまり私を利用して強くなろうとしてるの?

莉犬
莉犬
ち、ちがっ((クハナイケド…
あなた

無理です!
私は、小さい頃に契約の約束してる人が6人いるの!

莉犬
莉犬
え?
るぅと
るぅと
いるんですか?
あなた

うん!

ころん
ころん
まじかよ
莉犬
莉犬
それならしかたないか、、、
琉兎くん、論!
やって
あなた

え?ちょっ

るぅと、ころんがあなたを押さえつけてる
あなた

何すんの!

莉犬
莉犬
少し血貰うだけー
カプッ
あなた

んっ///あんっ///
ちょっと、、、

莉犬
莉犬
うまっ!
ビックリだわ!Σ(゚д゚;)
ころん
ころん
そんなに?
るぅと
るぅと
いいなー
莉犬
莉犬
う、なんか眠くなってきた
(っ﹏-) .。
バタッ
るぅと
るぅと
莉多!
ころん
ころん
莉多!
莉犬
莉犬
( ˘ω˘ )スヤァ…Zzz
ころん
ころん
寝てる?
るぅと
るぅと
ね、寝てますね
あなた

私は、先に教室に行くね、、、

ころん
ころん
僕は、莉多を保健室に連れて行くね
琉兎くんは、あなたちゃん手伝ってあげて
るぅと
るぅと
分かりました!
莉多のことお願いします
あなたちゃん行きましょう
あなた

うん

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
今日の次の投稿は、
ぴったり24時に投稿します!
それでは、また!
おつぷりー
すとぷりみんな
すとぷりみんな
おつぷり(*^^*)
見てくれてありがとうございました( ˆᴗˆ )