無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

7話
次の日
あなた

改めて見ても苺学園の制服可愛いなー
(*≧v≦)

あなた

似合ってるかな?
昨日は、疲れたなー
なんか、3人組に絡まれちゃったし、、、
関わったらいじめられる!
今度こそ普通に過ごしたいだから
絶対あの人たちとは、関わらない!

私は、心でそう決めて
学校に向かった










学校で、、、






ガラッ

【ドアが開いた音】
姫愛羅
姫愛羅
キャーーー
おはぁよぉ!
琉兎くぅん!!
莉多くぅん!!
あれぇ?論くぅんはぁ?
莉犬
莉犬
あ、おはよう(^_^;)
(うわぁ、キッショ)
(あまたこの匂いだ、血が欲しい、、
我慢しなきゃ)
るぅと
るぅと
お、おはようございます(^_^;)
(キモイです、、、)
ろ、論くんは、寝坊してくるそうです
(あ、甘い匂いだ、なんか血が欲しくなっちゃう)
るぅと、莉犬
るぅと、莉犬
だ、ダメだ我慢出来ない、、、
あの子にバレるわけに行かない
他の子の飲ませてもらおう
莉犬
莉犬
ねぇ、
モブ子ちゃんちょっと来てくんない?
モブ子
モブ子
は、はい!
行きます!(。•ㅅ•。)♡
るぅと
るぅと
それじゃあ、行きましょう
あなたは、イヤホンつけて
曲聞いてるんで、教室の声は聴こえてないです
あなた

♪~♪~~

モブ美
モブ美
|ᴗ•)و゙㌧㌧
ねぇあなたちゃん
まふまふ先生が生徒会室にある
本を教室に運んでだって
あなた

え?
あ、教えてくれてありがとう(*^^*)

  ー生徒会室ー
ななもり、さとみ、ジェル
ななもり、さとみ、ジェル
ねぇ
モブ子ちゃん俺達に君の血ちょうだい
2年のモブ子
2年のモブ子
え?
う、うん///
ななもり
ななもり
カプッ
2年のモブ子
2年のモブ子
あ、、、   
ちょ/////
ななもり
ななもり
(普通の味だな)
ジェル
ジェル
じゃあ、次は俺
優しくするからな((耳元で
2年のモブ子
2年のモブ子
うん
ジェル
ジェル
カプッ
2年のモブ子
2年のモブ子
あ///
う、、、んっ///
ジェル
ジェル
(まぁまぁやな)
さとみ
さとみ
じゃあ、次は俺ね!


ガラッ
【ドアが開く音】
さとみ
さとみ
え、、誰?
るぅと、莉犬
るぅと、莉犬
あれ?
里先輩
さとみ
さとみ
お前らかよ、 
ビビった
モブ美
モブ美
え、
生徒会メンバー揃った?
2年のモブ子
2年のモブ子
いや、論くんがいないわ
ジェル
ジェル
お前ら何しにきたん?
るぅと、莉犬
るぅと、莉犬
ちょっと、、、
血欲しくなっちゃって、、、
先輩達も?
ななもり
ななもり
あー
なるほどね
そう!俺らもー
さとみ
さとみ
早く飲みたいんで
飲んでいい?
ジェル
ジェル
おう!
お前らも早く飲め、、、
この子達の
記憶は俺が消したるから
るぅと、莉犬
るぅと、莉犬
ありがとうございます!
るぅと、莉犬
るぅと、莉犬
いただきま〜す
るぅと、莉犬
るぅと、莉犬
カプッ
モブ美
モブ美
あ、///
んっ、、、
るぅと、莉犬
るぅと、莉犬
ご馳走様
ジェル
ジェル
俺が記憶消す、、、
えいっ((
モブ美
モブ美
あれ?なんでここに?
2年のモブ子
2年のモブ子
何してたんだろ?
キーンコーンカーンコーン
2年のモブ子
2年のモブ子
あ、授業
モブ美
モブ美
失礼しました!
ガラッ
【ドアが閉まる音】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
今回はここまで!
ぶりっ子文字書くの疲れた
なれないことしたので疲れた、、、
あと1つ説明させてください!
記憶を消す力を持ってるのは
ジェルくんだけなので
そこら辺の把握
よろしくお願いします!
ということで!
おつぷりー
すとぷりみんな
すとぷりみんな
おつぷりー
見てくれてありがとうございました(*^^*)