無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

25話
さとみ
さとみ
それでなんで怪盗団って黙ってたの?
莉犬
莉犬
そうだよ!おしてくれた良かったのに!
あなた

私もそう思うよ

ななもり
ななもり
じゃあ何?言ったら、みんなはどうしたの?何人も人を殺して宝の子を見つけるためにだけに犠牲にしてさ、、、どうせ警察に言うんだろ?
ジェル
ジェル
そ、それは
あなた

、、、

さとみ
さとみ
警察に言うよ、君達が友達であろうと言うよ
ころん
ころん
ほら、どいつもこいつも同じじゃないか!
るぅと
るぅと
はぁ、警察に早く言えばいいじゃないですか?
莉犬
莉犬
そ、そんな!里くん言わないよね?
ジェル
ジェル
そうだよ!
あなた

あまりにも可哀想!

さとみ
さとみ
言うよ、人を殺して良い人なんていない
あなた

そ、そんな

ななもり
ななもり
あなた最後に血飲ませて血が必要なんだ
あなた

え、うん

これが最後になるなら少しぐらいなら
あなた

いいよ

さとみ
さとみ
待って!
警察に言うとは言ったけど最後まで話を聞いて!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
はい!
さとみくんは、なんのこと言ってたんだろうね!次回お楽しみ!
すとぷりみんな
すとぷりみんな
おつぷりー
作者
作者
おつぷりー