無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

14話
あなた

え?
ちょっ!

ジェル
ジェル
あんまり暴れんといて
あなた

なんにすんのよ!

ころん
ころん
実験!
あなた

(何されてんのか目隠しで分からない…)

そう思った時
両足、両肩、左手に激痛が走った、、、
でも、それは、一瞬でそのうちふわふわした
感覚につつまれた、、、
あなた

んっ///
な、なんかふわふゎする///

莉犬
莉犬
いまね、他の5人が一斉に血を吸ってるの!
もう少しだけ我慢してね!
ピピピピ
【タイマーの音】




タイマーがなった少し後、、、





























体の力が抜けた
あなた

ハァハァハァハァ////

るぅと
るぅと
すみません!
痛かったですか?
あなた

い、一瞬だけ、、、

ななもり、さとみ、ジェル
ななもり、さとみ、ジェル
これで?
どうなんの?
ころん
ころん
ふわぁ
なんか眠くなっちゃった、、、
寝るねおやすみー
るぅと
るぅと
ちょっと!
ころんちゃ、、、
バタッ
ななもり
ななもり
うぉ!
あっぶな!
琉兎くんが倒れそうになったのを七森さんが
助けていた
さとみ
さとみ
え?莉多
お前もこんな感じだったの?
莉犬
莉犬
そう!
僕もすぐ眠くなって寝ちゃったの!
ジェル
ジェル
じゃあ、なんで俺達は、倒れへんのや?
ななもり
ななもり
とりあえず、琉兎くんのこと運ぼうか
あなた

あ、あの、、、
私は何したらいい?

ジェル
ジェル
まぁそんまま寝てて
さとみ
さとみ
じゃあまた、あとでね
あなたちゃん!
莉犬
莉犬
バイバイ〜!
あなた

え?
ちょっと手錠取ってよ!

ーすとぷり達はー
ななもり
ななもり
で、琉兎くん達は置いといて、、、
俺達が倒れない原因を調べようか
ジェル
ジェル
そうやな
さとみ
さとみ
うん、
一応吸血鬼に関する本は全部持って来たよ!
莉犬
莉犬
ありがとうございまーす
ななもり
ななもり
ねぇ、なんかさ敬語じゃなくて、
タメの方が話しやすくない?
さとみ
さとみ
それな〜
ジェル
ジェル
それじゃタメにしよか!
莉犬
莉犬
分かった(*^^*)
ななもり、さとみ、ジェル
ななもり、さとみ、ジェル
じゃあ調べよう!
ー10分後ー 
莉犬
莉犬
ぜっんぜんないよォ〜‪( ;ᯅ; )‬
さとみ
さとみ
ねぇ、これみて、
ジェル
ジェル
えっ?
莉犬
莉犬
これホント?
ななもり
ななもり
、、、、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
さとみくんが見ていた本には、
なんて、書かれてたのかなー?
なんか話の内容ごちゃごちゃぽっいけど
ちゃーんと内容決まってます!
ただ、作者の語彙力の問題なので
気にしないでー
ごめんねm(*_ _)m
それでは、おつぷりー
すとぷりみんな
すとぷりみんな
おつぷりー
見てくれてありがとうございました(*^^*)