プリ小説

第2話

風。
志穂
志穂
あ、そうだ〜先輩!莉衣と走ってみてくださいよ!同じぐらいだと思いますよw
奏汰先輩
奏汰先輩
まじか!負けれないなwよし、莉衣、やるか!
莉衣
莉衣
え!あ!はい!やりましょう!
莉衣
莉衣
小声)志穂、ありがと!
志穂
志穂
い〜え〜!
志穂
志穂
じゃあ、行くよ〜!
位置について、よーい どん!
ばしゅっ!
志穂
志穂
おぉ!早いな!100メートル頑張れ!
莉衣
莉衣
心の声)先輩と走ってる。風が、気持ちいい!
奏汰先輩
奏汰先輩
心の声)莉衣と走る風邪は気持ちいいな
ゴール
莉衣
莉衣
っ!やっぱ先輩には負けますw
奏汰先輩
奏汰先輩
いやいや、莉衣に抜かれそうで、冷や冷やしたよw(;//́Д/̀/)'`ァ'`ァ
莉衣
莉衣
先輩めっちゃ疲れてるじゃないですか!(;//́Д/̀/)'`ァ'`ァ
奏汰先輩
奏汰先輩
莉衣、お前もだw
コーチ
コーチ
みんな〜集まれー
コーチ
コーチ
明日の大会の出場者を発表する
コーチ
コーチ
莉衣と、奏汰、お前達言ってこい
莉衣
莉衣
え!ありがとうございます!頑張ります!先輩頑張りましょう!
奏汰先輩
奏汰先輩
コーチ、ありがとうございます!頑張ります!頑張ろうな!
莉衣
莉衣
小声で)あ、先輩後で、来てください
奏汰先輩
奏汰先輩
え、あ、おう。
二人きりになり
莉衣
莉衣
先輩
莉衣
莉衣
私は、先輩が好きです。大会、もし優勝したら、付き合ってください。
奏汰先輩
奏汰先輩
おう。俺もお前のことが好きだったから。頑張れよ!
莉衣
莉衣
ありがとうございます!
大会当日

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

😆k⃣o⃣k⃣o⃣h⃣a⃣😆
😆k⃣o⃣k⃣o⃣h⃣a⃣😆
よろしくお願いします