無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3
私
あ!ゆず〜
ゆず
ゆず
あ!あなた💖💖💖
私
んふっ
ゆず
ゆず
行こいこ!
私
待ってよォ〜
ゆずとお買い物にきました!
私
ドンッ)いたっ
人混みに埋もれてく
北斗
北斗
大丈夫ですか?
私
わっいゃっ、ゆず〜!!!
北斗
北斗
ちょっどうしたの?
ゆず
ゆず
どうした!?
北斗
北斗
あの、、、ぶつかってしまって、、、
私
ごめんなさい🙏北斗さん
ゆず
ゆず
えぇ?北斗!?
北斗
北斗
え、ゆずじゃん笑
私
え?
ゆず
ゆず
んーとね彼氏〜💖
北斗
北斗
ゆず一緒に回ろ?
ゆず
ゆず
あなたは?
私
いいけど、(なんかイライラする。)
私
ご、ごめん!用事思い出した!
ゆず
ゆず
え〜いいやっー
ゆず
ゆず
北斗〜いこ?
私
私の推しだって知ってるくせに
ゆず
ゆず
え?
私
私の推しだって知ってるくせに!!!!
🦖🦕🦖🦕🦖🦕🦖🦕🦖🦕🦖🦕🦖🦕🦖🦕🦖🦕🦖🦕
その日から私は、


       担当恐怖症になりました。
♡×5