無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

23
2021/02/26

第2話

第1話
あなたは今年大学1年生
今日から念願の一人暮らし
部屋はお母さんのお友達がいい所をとってくれているらしい
作者
作者
待って、お母さんの友達何者
ガタンゴトン ガタンゴトン

「○○駅〜○○駅〜」
(なまえ)
あなた
えー、っと。
この駅か、大学の近くにある駅からすぐじゃん!ラッキー♪
ゴロゴロ←キャリーケース
(なまえ)
あなた
さて、!
新しいあなたの家はどこだ?こっちか?
確かいちごの絵の小さな看板があるとか無いとかお母さん言ってたっけな?
Googleマップさん
「50メートル先、左です」
(なまえ)
あなた
左…?
めっちゃ狭い道じゃん
ほんとに家あるの?ww

まぁ、行ってみるしかない!
作者
作者
まぁなんと、あるんですよね
(なまえ)
あなた
あ!これ?
確かにいちごの看板あるけど、、、

これ一軒家?あなたの家はアパートじゃなかったっけ。
ザワザワ
「なんなんですか!!殴りますよ?」
「○○やめてぇぇぇぇ」
(なまえ)
あなた
あれ?誰かいる?
あなた、道間違えたっけ。
ななもり
ななもり
ん?君どうしたの?
(なまえ)
あなた
あっ、。
今日からここ?に住む予定だったんですけど一軒家だったので…道を間違えたのかも知れません!すみません!
ななもり
ななもり
あぁ!もしかしてあなたちゃん?
(なまえ)
あなた
え!?なんで名前知ってるんですか?
ななもり
ななもり
あなたちゃんのお母さんのお友達から聞いてるよ!シェアハウスって聞いてない?
(なまえ)
あなた
え、え、えぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!
シェアハウス!?
まさかのシェアハウス
どうなるんでしょう