第8話

.
18
2024/02/23 06:06



1週間、あなたは学校に来なかった



















笠松 幸男
( 土砂降り、あなたの両親が居なくなった時も)

ピーンポーン








「 はーい 」





母さんが玄関に行く足音が響いた





しばらくすると























「 あなたちゃんっ……!? 」




















ガタッ






笠松 幸男
あなた…?
あなた
ユキくんっ……



雨で濡れた髪、顔、肌、





あなた…




「 どうしたのっ…そんなに濡れて 」

あなた
おばさんっ……
















あの後






あなたの母さんは目を覚ましたらしい









だがあなたの父さんを失ったことで










精神的な疾患を患い










最終的には












記憶喪失、という形になったそうだ












あなた
お父さんはっ、目をっ覚まさなくてっ…
あなた
おかっさんはっ、私、のことっ
覚えて、なくて…

あなた
もう、疲れた…



「 幸男、あなたちゃん部屋につれてって 」



「 あなたちゃん、今日は泊まって行きなさい 」


笠松 幸男
あぁ……
笠松 幸男
あなた、こっち


あなた
…ごめんね、ユキくん
あなた
急に押しかけて迷惑だよね


「 月城さんが心配ね…母さん見に行ってくるわ  」

あなた
はい、すみません…
あなた
迷惑かけてばっかりで




「 何言ってんの、まだ15なのによく頑張ったわね 」

あなた
っ!!……はいっ…



















笠松 幸男
あなた、風呂入ってこいよ
笠松 幸男
寒いだろ?

あなた
えっ…いや、そんな
笠松 幸男
いいんだよ
笠松 幸男
困った時はお互い様、な?

あなた
うん、ありがと
笠松 幸男
てか服、母さんいねぇし…
笠松 幸男
嫌じゃなければ俺のでも…

あなた
じゃあお言葉に甘えて、下着は大丈夫だから
あなた
ごめんね、ユキくん

笠松 幸男
だーかーらー謝んなって
笠松 幸男
よく頑張ったな



ワシャワシャ




あなた
ふふっ笑ありがと






やっと笑った……笑







辛かっただろうな








暴れる自分の母の世話して、










挙句の果てには自分のことをも忘れられる






プリ小説オーディオドラマ