無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

寂しがり屋の優吾くん 😇
あなた

最近優吾の束縛が激しい
ずっと我慢してきたけど、
今日ばっかりは我慢しきれなかった
勢いで家出ていっちゃたけど
後からすごい後悔。



私も言い過ぎちゃったし、
帰って謝ろう、


がちゃ


わたし
わたし
ただいま、
わたし
わたし
優吾?居る?
わたし
わたし
きゃぁぁ、
ゆ、優吾!大丈夫⁉
そこには手首が血まみれの
優吾が居た、

わたし
わたし
優吾!どうして!
まさか自分で切ったの、?
髙地
髙地
あなた、?
髙地
髙地
お、おれ

お前、なし、じゃ、
わたし
わたし
分かった、分かったから
急いでて手当てするね、
髙地
髙地
あなた嫌いにならないで、
好きなんだよ、あなたのこと
わたし
わたし
優吾、、ごめんね、
気持ちわかってあげれなくて
わたし
わたし
こんなにもさせちゃって、、
髙地
髙地
あなたが、、家出て行ったとき、
あたまがこんらんして、
あなた、おれから、離れないで、
わたし
わたし
うん。わたし、
優吾のそば絶対離れない、
約束する、
髙地
髙地
あなた、、
わたし
わたし
優吾、!
私は、知らなかった、

これでさえも彼の演技だったことを

彼は狙ったものは死んでも離さないことを

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

❁わーちゃん
❁わーちゃん
性癖偏り気味 SMどんとこい
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る