無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

汚い僕ら 😇
あなた


死のうとした時

知らないオトコに手を掴まれた。

本当なら振り払ってるだろう。

しかし、振り払えなかった。

白い腕に似合わない。青いあざ
私と同じ様な眼差し

あ、この子もなんだって一瞬で思えた。
北斗
北斗
し、死ぬの?
わたし
わたし
うん
北斗
北斗
言っとくけど、この高さからじゃあ
死ねないよ。
わたし
わたし
うん。死のうとしたけど
やめる
北斗
北斗
え?
わたし
わたし
なんか、君の事知りたい
北斗
北斗
奇遇だね。俺も

そこから、
北斗と私は屋上の住人になった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

❁わーちゃん
❁わーちゃん
性癖偏り気味 SMどんとこい
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る