無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

3.別人〜緑谷side〜
緑谷side
あなた

無涙善あなたです…よろしく…お願いします…

緑谷 出久
(え…)
特別入学として雄英に入学した、中学の同級生のあなたちゃんはどこか変な様子だった…
いや…瞳に光がなく、まるで…





















































































あなたちゃんじゃない、別人の様な人だった



中学に転校してきたあの時は、もっと笑顔でキラキラ輝いていた気がする
緑谷 出久
(どうしちゃったんだろう…)
相澤先生が戦闘訓練を行うと言った
しかも、あなたちゃんと一対一で
''甘くみない方がいい''
相澤先生のその言葉に背筋が凍った
緑谷 出久
(でも…)
中学の時に聞けなかったあなたちゃんの個性を知るチャンスかもしれない…
緑谷 出久
(そして…今のあなたちゃんには…)
馴れ馴れしく接してはいけない気がした






next⤵︎