無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

''普通''の幸せ〜Prologue〜
あなた

え!?緑谷くん、雄英受かったの!?

緑谷 出久
うん…たまたまだよ…
私の友達の緑谷出久、彼は雄英の試験に受かって、ヒーロー科に入学できることになったらしい



今日はもう卒業式だ。クラスのみんなとも、もう、お別れなのだろう
あなた

凄い!いーなぁー!!私も雄英行きたかったな…

緑谷 出久
え?無涙善さんは受けなかったの?てっきり、受けたのかと…
あなた

ううん、私は色々と家の事情があって…私の家、貧しいし?

あなた

それより、頑張ってね!緑谷くん!後…爆豪くんも受かったみたいだね…

緑谷 出久
う、うん…かっちゃんだから、当たり前の結果だよ…
あなた

後で、爆豪くんにもおめでとうって言ってこよ…

そうして私はその場を去ろうとした
緑谷 出久
あ、待って!無涙善さん!!
あなた

ん?どうしたの?緑谷くん…

緑谷くんは何か気まづそうな雰囲気をしていた
緑谷 出久
い、いや…やっぱり、何でもない…
あなた

そ、そう…

そうして私はその場を去った










きっとこれが私の最後の''普通''の幸せだったのかな…













next⤵︎