プリ小説

第3話

いちわ☆
ハァ、ハァ、ハァッ、

私は今、人生最大のピンチを迎えている。
「ヤバイヤバイっ!!
入学初日に遅刻とかさすがに
ありえんっ!!!」

なんで起こしてくれなかったの?
と、文句を言いたいところだが。

「お兄さん朝には弱いからなぁ」

私は今年から高校生になった。もう『高校生活』という言葉を聞くだけで胸がワクワクする。今は、学校から駅1本ということで、親戚の蒼葉(あおば)お兄さんの家に居候している。お兄さんは優しく明るく、イケメンで文武両道。おまけに家庭的!というなんともハイスペックな人だ。ちなみに大学2年生で、学校でもかなりモテるらしい。そりゃそうだろう。こんな理想の男子がそばにいて、ほっとくわけがない。まぁそーゆうこともあって、お兄さんは私の自慢だった。


駅から走って7分。私が今日から通う
『晴桜高等学校』(セイオウコウトウガッコウ)
が見えてきた。校庭の周りにはこれでもかと言うほど桜の木が植えられ、地域では、ちょっとした観光地になっているほどだ。

「うっわぁ、キレイ……。」

いやいや、感動してる暇なんてない。やばい遅刻するぞ自分っ!!
なんでこんな日にかぎって寝坊するかなぁ〜、

キーンコーンカーンコーン

「あぁぁっ!予鈴!」
多分これは人生で1番早いだろ。というスピードで私は校門をくぐった。
☞.゚☆。・☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・



「初めまして。私が担任の…」

そう先生が話し始めた途端、
ダダダダダッ!ガラガラーッ!!

「遅れましたぁ!!すみませんっ」

みんなの注目を全身にあびながら、1人の少女が教室に入ってきた。何事かとみんな驚いているようだ。私、花園楓音(はなぞのかえで)も、あまりのことにその子を凝視してしまった。
こんな緊張した空気の中でよく入ってこれるな……。

「あぁ、鳥舞(とりまい)か。
席はそっちだ。あそこに座れ。」

先生がその少女の豪快な登場を華麗に無視して、席に誘導する。

「はいっ!!すみませんっ!」

少女はまったく悪びれず、元気いっぱいに返事をした。その子のおかげ(?)で、教室の緊張感もとけ、和やかな雰囲気でホームルームが始まった。
そして私は、密かにその子に憧れた。
☞.゚☆。・☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・




キーンコーンカーンコーン

チャイムが授業の終わりを告げ、お昼休みになる。この学校は食堂があり、弁当を持参していない生徒は、たいていが食堂で昼食をとっている。ここの食堂は、流行にものっているので、はやりのものが入った定食や、インスタ映え間違いなし!のスイーツまで、女子ウケのいいものばかりあるらしい。
私がこの高校を受験した理由も、それだ。別に流行には特に興味はないが、美味しいと評判のこの食堂で毎日お昼ご飯がたべられるなんて……!
この学院は夢の国か!!
と、いうことで、授業が終わった瞬間に教室をでてきた私である。

「うっわぁぁ!!美味しそぉ!」

メニューを見て、思わず声が出る。
なんだこれは。キッシュ?ティッシュの間違いではないのか、?
こっちのスイーツも、明らかに、
私カロリーの塊です♡と訴えているようなクリームの量だ。

「どれにしよっかなぁ、」

どれもこれも美味しそうで、悩みふけっていると、

「あ、あの、鳥舞空良(とりまいそら) ちゃん?」

んん?すっごい美少女だ。でもなんで私のこと知ってるんだろ?

「えっと、、?」
「あっ、!私、同じクラスの花園楓音
だよ!!あの、鳥舞さんが食堂に行
くの見えて、一緒にお昼どうかなっ
て。」
「おお!そっか!いいよ食べよ!」

こんな美少女がお昼どう?なんて声かけてくれるなんて。やっぱ高校生って最高〜っ!!

「かえでちゃん?だっけ?」
「うん!」
「私のことも名前で呼んでよ!」
「じゃ、じゃあ、そら?」
「うん!よろしくね!」

入学初日からこんな可愛い友達ができるって、私ラッキーすぎる…!

「そら、さっきすごかったね!」
「??さっき?」
「そうそう!あの教室バーンってや
つ!」

教室バーン、?あ、あぁぁ!
さっき遅刻した時に、すごい勢いで教室に入っちゃって、めっちゃみんなに注目されたやつか、、
あのみんなの視線。あんな大勢に見られるってなんて……。さすがに恥ずかしすぎる。

「あはは、寝坊しちゃって。
出来れば忘れてください…。」

私が必死の思いでたのむと、

「面白かったけどなぁ、」

と楓音ちゃんが、微笑む。うぅなんと素晴らしい笑み。心が癒される、、。
高校生活初めての友達ができた私は、ウキウキ気分でその日を終えた。



この平和で平凡な生活が近いうちに崩されることも知らずに。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Sora🌦
Sora🌦
ちょこちょこですが、投稿していきます! よろしくお願いします( ˙ᵕ˙ 🙏) ❤&⭐&コメ待ってます!!
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る