無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

3,447
2019/01/09

第15話

過去の時間
〜E組にて〜
中村 莉桜
中村 莉桜
ねぇねぇ、零ちゃんよ〜
赤羽 零
赤羽 零
ん?何?
中村 莉桜
中村 莉桜
聞いちゃいけないかも知れないけどさ、なんで、2年でE組に?
茅野カエデ
茅野カエデ
それ!私も思ってた!
倉橋 陽菜乃
倉橋 陽菜乃
私も〜
赤羽 零
赤羽 零
あぁ…その話、結構長いけど
あれは…1年のとき
ちょうど期末テストが、終わって次の日の朝だった


























「なぁ、知ってるか?赤羽、期末テスト学年1位だったらしいぜ」
 















「それ知ってる…なんかあいつ浮かれてるんだろ?」



















なんで、そんなウソつくのかな?


















私が浮かれてるって言う理由は?根拠は?
















あ…今更学年1位をとったからとか言わないでね?
















なんで?だって、そんな事で浮かれてる言うんだったら、自分で1位取ってみろ













そしたらみんな、私を避けた、1人を残して














その子は、入ったばっかりのときに席が隣だったってことで、親友みたいな関係なってた




















でも…黒幕は…その子だった…














 
私の前から、親友が消えた……















どんどん崩れていった










そしたらいつの間にか周りが汚れてた


















あぁ、私やっちゃった
















そしたら家に停学届が来てた…















家で…1人でいるかと思ったらお兄も停学だった


















赤羽 零
赤羽 零
それで、お兄は1年で、私は1年と2年までだって、こんな感じかな?
茅野カエデ
茅野カエデ
なんか…私泣けてきちゃう
赤羽 零
赤羽 零
アハハ、なんで、カエデっちが泣くの?
茅野カエデ
茅野カエデ
だって…
赤羽 零
赤羽 零
まぁ確かに、此処に来るってことはそれなりのことがあるってことだからみんな同じ思いをしてたんだと思う
中村 莉桜
中村 莉桜
へぇ〜じゃあ…好きな子とかはいなかったの?
赤羽 零
赤羽 零
いないよ〜
潮田 渚
潮田 渚
なんかあそこ騒いでるね…
赤羽 業
赤羽 業
ん?あぁ、零のところ?俺はいいとおもうよ?これでみんな同じ気持ちになるし
潮田 渚
潮田 渚
確かに、