無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

鬼の弱点
225
2018/10/31 11:25
前橋 麻美
前橋 麻美
え!?
赤田 翔吾
赤田 翔吾
ああ。俺たちがいた場所
は、教室の近くだった。
赤田 翔吾
赤田 翔吾
そして、教室にはまだ人が
たくさんいる…
源 美南
源 美南
このままじゃ皆が鬼に
殺されちゃうよ!
とても心配になった。
私のクラスメイトが鬼に殺されるかも
しれない。
源 美南
源 美南
早く戻って……
そう言いかけた時、麻美が私の制服の
袖をつかんだ。
源 美南
源 美南
え…?
前橋 麻美
前橋 麻美
私…怖い……
前橋 麻美
前橋 麻美
戻ったら鬼に見つかる
かもしれないんだよ?
源 美南
源 美南
……………………
赤田 翔吾
赤田 翔吾
そうだ。ここで教室に
戻れば、確実に鬼に
見つかる。
前橋 麻美
前橋 麻美
だから、鬼に見つからない
ように、今日をやり過ごそう?
そうだった。今、教室に戻れば鬼に見つかって
殺されるかもしれない。
とりあえず、鬼に見つからない事を
考えないと…
東條 あや
東條 あや
その必要はないわ。
源 美南
源 美南
!?
まるで私の考えを読んでいるかのように、東條かや
が話しかけてきた。


東條あや。
いつも1人でいる一匹狼のような人物で、
同じクラスだがあまり話した事はない。
前橋 麻美
前橋 麻美
その、って……
前橋 麻美
前橋 麻美
鬼から逃げるって事…?
東條 あや
東條 あや
ええ。
赤田 翔吾
赤田 翔吾
あや、何が言いたいんだ?
鬼から逃げないと殺される
だけだそ?
翔吾の言うとおりだ。鬼から逃げないと、殺される
のは確実だ。
すると、あやはカッターを取り出して言った。
東條 あや
東條 あや
鬼を殺す方法が見つかった
のよ。
源 美南
源 美南
鬼を…殺す?
東條 あや
東條 あや
そう。このカッターでね。
あやはカチカチとカッターを鳴らした。
赤田 翔吾
赤田 翔吾
鬼は2mはあるぞ?その
カッターで殺せるはず
がない。
東條 あや
東條 あや
それが殺せるの。
東條 あや
東條 あや
鬼の弱点はここ。
あやは自分の足首を指した。
前橋 麻美
前橋 麻美
アキレス腱の部分…?
東條 あや
東條 あや
うん。鬼はカッターで
アキレス腱を切れば
死ぬ。
源 美南
源 美南
そうなんだ…
赤田 翔吾
赤田 翔吾
おい。
東條 あや
東條 あや
??
翔吾がいかにも疑わしいという表情を
している。
赤田 翔吾
赤田 翔吾
どうしてあやはそんな
事を知っているんだ?
まるで鬼を殺した事が
あるみたいに…
東條 あや
東條 あや
………あるよ。
源 美南
源 美南
え!?
源 美南
源 美南
い、いつ!?
東條 あや
東條 あや
さっき。
あやが涼しげな顔で話している。
源 美南
源 美南
(さっきって事は…)
私達が向かおうとしていた教室の
事なのかな…?
源 美南
源 美南
あやは……
そう言いかけた時だった。