無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

58
2021/10/02

第21話

真昼の月9
蓮「……先生」



あなた「…ごめんね急に呼んで」



蓮「…お邪魔します…」



あなた「……照、目黒くん」



照「…マジで高校生だし。」




あなた「…照、やめて…」




蓮「先生…この人が彼氏?」



あなた「うん…」



照「とりあえず座れ…」








蓮「……先生と別れて下さい」



照「は?勘違いすんな、それはこっちのセリフ。つーか付き合ってねーじゃん。おまえら」



蓮「先に浮気してたのはあなたなんでしょ?」



照「……」



蓮「俺は先生が好きだからずっと一緒にいたい」



照「あなたと別れて別の学校に転校しろ。」



あなた「もうやめて、…2人とも」



照「… あなたは俺と結婚すんだよ。
二度と2人で会うな。」



あなた「……」



蓮「…それは嫌です。俺は負けません。」









照「はぁ…」



あなた「照、…わたししばらく友達のところに行くね」


照「…だめに決まってんだろ。」


あなた「……照」


照「…こっち来い。」


あなた「……」



恐る恐る近寄ってくるあなたの腕を引いて、きつく抱きしめる。

こいつはもう俺嫌いになったかな…

浮気して、でもおまえは浮気すんなとか
わけわかんねーことを求める俺を…



あなた「……ひかる」


その時、弱いけど抱きしめ返してくるあなた

たまらなくなって、噛みつくようにキスをした。



照「…っちゅ、ハァ…」



あなた「ッふ……チュ、照…」



照「…どこにも行くな、あなた…」


あなた「……」



照「…俺のそばにいろ」



その日、俺はあなたを優しく抱いた。

付き合って初めてする時みたいに


やっぱり俺はあなたが好きだ