無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

52
2021/10/02

第20話

真昼の月8
荷物持ってあの家出よう。
新しい家が決まるまでは、ホテルで暮らそう

それぐらいの貯金はあるし…



あなた「……指輪…」


ごめんね照。


指輪を外してケースに戻し、
リビングのテーブルに置く。

海外旅行用のキャリーケース、どこにしまったっけ







照「…何してんの?おまえ」


あなた「っ!びっくりした」



照「…何、出て行くつもり?」


あなた「……」



照「…なんとか言えよ。」


あなた「……わたしと、別れて照」


照「……」


あなた「…別れて下さい。お願いします…」


照「…それ本気で言ってんの?」


あなた「……はい」


照「……他に好きなやつが出来たってことかよ」


あなた「目黒くんとのことは関係ないよ…
ちょっと前から思ってたの…」



照「…目黒くん?…おまえ、それ生徒じゃないよな」


あなた「っ!ちがうよ…痛い、離して」


照「…そいつに会わせろ。今すぐ」


あなた「っ!だめ」


照「…ここに来いって言え。」


あなた「なんで?わたしたちもう終わってるでしょ!お互い好きでもない人と結婚しなくていいじゃん!」


照「…おまえが俺の気持ちを勝手に決めるなよ。



早くそいつをここに呼べ。呼ばないなら学校に電話してやる。」


あなた「……」



照「……」



あなた「照…こんなのやめて…」



照「…俺あっちの部屋にいるから、
そいつ来たら呼べよ?」