無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

#2⚾
あなた

あの、ここは?

坂本勇人
ここはね原監督がいる部屋だよ
コンコンコン
原監督
はい
坂本勇人
坂本です
原監督
あぁ、入りなさい
坂本勇人
失礼します
あなた

失礼します…

原監督
君は誰だ?私は勇人しか読んでいないが
あなた

も、申し訳ありません
えっと、あなたと申します

坂本勇人
待ってください監督
この子は俺がつれて来たんです
監督、この子を巨人専属のスタッフにしてくれませんか?
原監督
あぁ、そういうことだったのか
専属スタッフになるからにはベンチには毎回入って貰うがあなたさんはいいのか?
あなた

はい、皆さんのお役に立てるなら何でもいたします

原監督
じゃあ決まりだな
勇人、お前は先に戻ってなさいあなたさんに話があるから
坂本勇人
わかりました
失礼します
あなた

監督話とは?

原監督
あなたさん、ほんとにいいのかい?
もしかしたら阪神の人たちに襲われるかもしれないんだよ
あなた

えっ、それはどういうことですか?

原監督
やっぱり聞いていないか…
専属スタッフになった女の子は阪神の連中に襲われているんだよ
もちろんこのことは両チームとも伏せているんだけどね
あなた

そうだったんですか…

原監督
それでも君は専属スタッフになってくれるかい?
あなた

はい、もちろんです
もう決めたことですから

原監督
ありがとう
その返事をまっていたよ
あなた

はい、ありがとうございます
では失礼します

ガチャン
坂本勇人
いい返事してくれてありがとう
あなたちゃんは俺が守るから
あなた

坂本さんありがとうございます

坂本勇人
今更だけどさん付けやめない?勇人でいいから
あなた

えっ、でも!

坂本勇人
いいからいいから
あなた

うぅ、わかりました

原監督
あっ!勇人みんなにあなたさんの紹介頼んだよ
坂本勇人
わかりました
じゃあ行こっかあなた
あなた

はい!勇人さん

坂本勇人
だからさんはいらないって
私達はみなさんがいる会議室へ向かった
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
巨人や阪神のメンバーやチームはそんな悪い人いません!
あくまで夢小説なので本気で受け止めず軽い感じで読んでくれれば嬉しいです

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

クロ💋🍊
クロ💋🍊
とりあえずファンマ💋にしたのでよかったらつけてほしいです!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る