無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

#22⚾
〜原監督の部屋〜
コンコンコン
坂本勇人
失礼します
あなた

失礼します

原監督
あぁ君たちか…好きなところに座ってくれ
あなた

はい

私たちは2人掛けの椅子に座った
原監督
じゃああの日のことを話してくれるかい?
あなた

わかりました………

坂本勇人
あなた大丈夫か?
あなた

うん、大丈夫

原監督
ゆっくりでいいからね
あなた

はい、ありがとうございます

ここからもあなたが話してるって感じで書きます(長いので許してね)


「あの日私は試合のあとにベンチの掃除をしていました。勇人がバットとグローブを忘れていたので渡しに行こうと思っていたら矢野監督に専属スタッフにならないかと誘われたんです。もちろん私はお断りしました。そしたら木浪さんと藤浪さんに力づくで〇〇ホテルに連れて行かれたんです。そして、スタッフにならなかったらマルテとソラーテの餌食になるぞっていわれて…どちらもNOと答えたんです。でも無理矢理スイートルームに入れられて、そしたら2人が襲われたくなかったらYesと言うんだといわれて、ここは逃げるのが優先だったのでYesと言いました。その後2人にシーツを投げつけて窓から飛び降りて逃走し、寮の前で倒れた。
あなた

これが一連の話です

原監督
そうか…話してくれてありがとう、あなたさん
怖かったのに思い出させるようなことしてすまなかったね
あなた

全然大丈夫です

原監督
じゃあこの話は終わりだ
ありがとう、あなたさん
坂本勇人
失礼します
あなた

失礼します

こうして長い1日がおわった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

クロ💋🍊
クロ💋🍊
とりあえずファンマ💋にしたのでよかったらつけてほしいです!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る