無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

側に居るだけで
帰る頃には
輝く星が見えて
光に包まれた
月が見えていた
ユキ
ユキ
モモ……
大神万理
大神万理
千…
ユキ
ユキ
ごめん…
大神万理
大神万理
お前も、百くんも
悪くないよ…
悪くない…
そんなのは分かってる…
分かってるけど
なんで僕に
教えてくれなかったのか…
なんで助けに行けなかったのか
僕は知りたいんだよ…
ユキ
ユキ
ねぇ、万…
大神万理
大神万理
なんだ?
ユキ
ユキ
もし…モモが生きてたら…
こんなふうに満天の星が
また見れたのかな…
大神万理
大神万理
…………そうだな……
万の口調が僕より少ない…
僕もショックだった

万もショックだったの?
ユキ
ユキ
こんなに輝いてるのに
綺麗な色と思えない…
大神万理
大神万理
………まぁな…
ユキ
ユキ
あの時…
モモはなんで
教えてくれなかったの?
大神万理
大神万理
俺に聞いても仕方ないだろ…
ユキ
ユキ
知ってたら…
助けてあげられたのに
大神万理
大神万理
そうだな……
百くんは賢くて
優しい子だから……
優しくする千が危ない目に
合わない様にわざと
話さなかったんじゃないのか?
わざと話さなかった?
お前はどうして
いつもそうなんだ…
誰かのために…
僕のためにって…
大神万理
大神万理
確かに…
ストーカーされたのは
百くんだし
話してもよかったかもしれない
でもその先は千が狙われていた
だから、百くんは助けようと
わざと話さなかった
ユキ
ユキ
それでも…
僕だってモモのためなら
なんでもしてあげる覚悟はある
なのに…どうして…
大神万理
大神万理
千……
ユキ
ユキ
………?
大神万理
大神万理
俺は百くんの代わりでも
もう相方でもない……
だけど側に一緒に
居てあげる事は出来るから
昔みたいに甘えていいよ?

………今日だけだからな…
万の最後の
『今日だけだからな』
と言う声が照れくさそうで
可笑しくてモモがいないのに
少し笑みを浮かべる…

モモがいないと…
笑い方…分からないんだ…
どうやったら笑えるのか
分からないんだよ…

でも、万の照れくささが
可笑しくて笑えた…
こんなに些細な事で
僕は笑えるのか…
大神万理
大神万理
好きじゃない相手でも
好きな相手でも
側に居るだけで
安心するだろ?
ユキ
ユキ
うん…ありがとう…
逢いたくて…恋しくて…離れて…

『ダーリン♡』と言っていた頃

『イケメン!』と笑みを浮かべる時

変顔をして人を和ませる時

━モモはもうこない━

逢いたくて逢いたくて仕方ない…

でも…逢えなくて……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
作者(96ⓨⓤⓚⓘ)
作者(96ⓨⓤⓚⓘ)
切ない系にしよう!
と決めたのに何故か
こんなことに…

まあ、短いけど
病院からの帰り道は
こんな感じかな〜
なんて思いながら
書きました
モモ
モモ
今回、出番なかったなぁ…
作者(96ⓨⓤⓚⓘ)
作者(96ⓨⓤⓚⓘ)
コメント、応援
お気に入り登録
出来たら
お願いしま〜す!
モモ
モモ
無視された……