無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

422
2020/06/18

第30話

29



💭
サクマ
サクマ
撮影行ってくるねー!
霜月 (なまえ)
霜月 あなた
頑張ってくださいね😊



_



目「佐久間くん、ニヤニヤしてません?」

康「ほんまや」



付き合い始めて数日だけど、佐久間さん幸せすぎてやばいです。



目「あ、もしかして。佐久間くん彼女出来た?」

深「え?!新しい嫁見つけた?!」

岩「また二次元?」



また二次元とか言われてるけど、
ちゃんと三次元だよ!



目「え、あの例の子ですか?」

ラ「何それ!どの子?たくまくん、写真は?!」

佐「目黒作戦失敗だったわ」



そうだよ!目黒の作戦!
あなたちゃんを不安にさせるだけだったわ!



目「えー、でも結果オーライでしょ?」

佐「まぁね!」

康「たくまくんの彼女見たーい」

ラ「俺もー!ねぇ見してー?」



そういえば、写真撮ってない!何にも!



佐「お前らには絶対見せないわー」



好きになられたら困るもんねー。



_



今日は仕事帰りに、ユミさんのお店で待ち合わせ。



『お待たせしました、』

佐「お疲れ様ー!」



改めて向かいに座って2人になると、
ちょっと不思議な気持ち。



ユミ「あれ、あんたたち、仲直りしたの?」

佐「仲直りどころか、その上ー」

『ちょっと、』

ユミ「え、カップル誕生?!」

『ユ、ユミちゃんっ、』

ユミ「あら、お祝いしなきゃ♡今日はご飯出来てるから、明日お赤飯たかなきゃ♡」



恥ずかしがるあなたちゃんに、
俺たちをお祝いしてくれるユミさん。

幸せ過ぎて、最高ピーマン!!



_



佐「そうだ!写真撮ろうよ」

『写真…?』

佐「付き合ったばっかだし、何も写真ないなーって。あ!誰にも見せないから!」

『でも恥ずかしい…』



俺の提案に顔を真っ赤にするあなたちゃん。
一つ一つの動作が更に愛おしくさせる。



ユミ「いいじゃん、撮りなよ!ほらー」



コトン、

ユミさんが机にプレートを出してくれた。



ケーキと、【佐久間&あなた】【おめでとう】の文字…!すげぇ!



佐「これ持って2人で撮ろ?」

『え、ちょっと、』



向かいだった席を離れて、俺はあなたちゃんの隣に座って肩を引き寄せる。



佐「ユミさん!写真撮って!」

ユミ「任せなさい!由美子の連写は凄いんだから!笑」



カシャ、カシャ、カシャ、(ボタン早押し)



佐「いや、遅!」

『ふふっ』

佐「笑った!今がチャンス!連写なら長押しね!」



シャッター音を聞きながら、あなたちゃんを見ると、嬉しそうに笑ってくれていて、その頬に思わず、口付けた。



チュッ



『ひゃっ…//』

佐「いちいち反応可愛すぎー」

『もぅ、』



顔を真っ赤にしたあなたちゃん、ほんっとに可愛い。



そんなこんなで、
佐久間さんの写真フォルダに、
2ショットが追加されましたとさ♡