無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

436
2020/06/08

第20話

19



side S



どうしても!振り向いて欲しくて!
佐久間さん頑張ってるんですよ、好き好き攻撃☆キラシ



でもなかなか通用しないんだよねぇ、あなたちゃん。



_



でもちょっとずつ、分かったことが増えてきて、



プリンが好きなこと。

甘いものは好きだけど、
洋菓子より和菓子派なこと。

ミュージカルをよく見に行くこと。

デ〇ズニーが好きなこと。

運動はちょっぴり苦手なこと。

料理や裁縫が好きなこと。



話していく中で、少しずつ教えてくれるようになった。



_



今日はロケでデパ地下に行って、絶品プリンを見付けてきた!


サクマ
サクマ
はっすん!
◇◇って店のプリン食べたことある?!
おーはし🍮
おーはし🍮
知ってますー!有名ですよね!
おーはし🍮
おーはし🍮
え、僕に送ってくれはるんですか?!
サクマ
サクマ
いや、違うけど!
おーはし🍮
おーはし🍮
なんや〜😭めっちゃ美味しいらしいですよ!



プリン大先生のお墨付き!
これならあなたちゃんも喜んでくれるなぁ!

霜月家に持ってこー!



_



ピンポーン



祐太「はーい…って、佐久間か」

佐「祐太くん!あなたちゃんいます?」

祐太「あなた?いるけど」



祐太くんが呼んでくれて、出てきたあなたちゃん。
今日も可愛い!本当に可愛い!



佐「あなたちゃん、これ!」

『え…?』

佐「プリン!今日ロケで見つけて来たんだー!超美味しいんだって!」

『わざわざ、ありがとうございます』ニコ



ほら!笑ってくれるの!プリンは神!←



祐太「上がってもらえば?」

『あ、はい。中へどうぞ』



そのつもりで3つ買ってきといた!良かった!笑



_



部屋に入ると、前と同じように祐太くんはブラックコーヒー、俺とあなたちゃんはココア。

覚えてくれてるんだ!と思うと嬉しくて、
最高ピーマン!



佐「ほら食べて食べて!」

『いただきます…パクッ』



どうかな、口に合うかな…?



『美味しい…!とっても美味しいです!』



目がキラキラしてる!超可愛い!



佐「良かったー!喜んでもらえて!」

祐太「あなた、プリン好きだもんな」

佐「あなたちゃんの為なら、何個でも買ってくるからね!」ニコシ

祐太「しれっとうちの妹口説くなよ?」

佐「俺めっちゃアタックしてるつもりなのにー」

祐太「まだまだだね」



霜月兄妹、手強そうであります!!