無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

494
2020/06/03

第15話

14



side あなた



佐「俺はあなたちゃんが好きだよ」



佐久間さんは、ニコッと笑ってそう言うけれど、私は答えることが出来なかった。



佐「すぐに、返事はしなくていいよ」



どうして、わたしなんだろう…。





_





家に帰って、ソファに沈んだ。



兄「どうかした?」

『にぃに…』



佐久間さんは兄の友だちだ…。
そして、キラキラした表舞台に立っている人。



兄「仕事で何かあった?」

『ううん、そうじゃない』

兄「友だちと喧嘩した?」

『そんなこともない、』

兄「じゃあ、恋か」



兄は困ったような顔で笑う。



兄「うちの可愛いあなたを悩ませるのはどこのどいつだ!」



あなたの友だちだよ。



『にぃに、わたしわかんないよ、』

兄「何が?」

『わかんない事がわかんない』

兄「なんだそりゃ」





_





兄「あ、そうだ。今週末佐久間泊まりに来るから」

『え?』

兄「夕飯作っといてくれる?」

『外で食べてくればいいのに…』

兄「グッズで散財する予定だから!」エヘン



…いや、胸張って言わないでよ。

今日あんなこと言われて、ちゃんと向き合えないかもしれないし、あー週末が不安だよ。