プリ小説

第2話

シルク
おいダホ。いつまで寝てんだよ。www
モトキ
ほんとだよ。動画撮ろ~?www
ンダホ
まだ大丈夫だよ……。
シルク
何がだよ。www






あれから2年。




俺はFischer'sとしての活動を再開した。




元通り。




元に戻っただけ。


















でも時々あの頃を思い出す。



























2年前のあの夏を。















ンダホ
シルク大丈夫?
シルク
うわっ!ダホ!いつ起きたんだよ。
モトキ
今。頑張って起こした。www
シルク
そっか……。
モトキ
ぼーっとしてるけど大丈夫?
シルク
大丈夫!www





そして今日も作り笑い。

























































動画を撮り終わって2人が帰ったあと





おもむろにイヤフォンを手に取る。



適当に再生ボタンを押すとあの曲が流れてきた。































"君を好きだった頃の気持ちと"




"君を忘れたい思いが"




"今も僕を迷わせてくれるよ"





シルク
……ほんとダホいい歌歌うよ。










この気持ちどうしたらいいんだよ……。




















もう一度君に

































会いたい。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

HANABI
HANABI
I want to continue being free and smiling more! Every Day Enjoy With Smile! 『ゆる~く更新!』をモットーに! ゆっくり、じっくり、考えながら書いてます! ・#シルクを探せ (2018/08/14~2018/08/21) ・#もう一度君に (2018/08/27~) ・短編集 (2018/09/07~) ※勉強との両立もありえげつないほどに更新遅いです🙇‍♀️ フォロー、いいね、コメントお待ちしてます!😁
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る