第93話

僕だけ、やんな…?4⚠︎.
2,482
2024/02/28 12:00
📚  僕だけ、やんな…?3⚠︎の続きです。


【設定】

恋人
付き合って1年ぐらい

※ コスプレ
 苦手な人は避けてください🙏
駿佑
謙杜、入れれる?//
駿佑side

焦らしてるんか?
っていうぐらい入れれてへん。
下手くそでほんま可愛い。笑
謙杜
んっ…はいら、へん…っ//
駿佑
手伝ったるから、
スカートめくって?
謙杜
へ、?//
なっなんで?//
駿佑
謙杜の入り口、見えへんやん?
まぁ見えんくても入れるぐらい
余裕ですけど?
ただえろい謙杜が見たいだけです♡
謙杜
………………んぅ、///
謙杜は、真っ赤な顔をしながら
両手でスカートを持ち、秘部を晒す。
駿佑
えっろ…//
謙杜
ちょっ///
駿佑
メイドさん、あかんで?
スカートちゃんと持ってて?
謙杜
わ、分かりました…//
謙杜のとろとろな蕾に
俺のモノを当てがい、ずっずっ♡と擦り付ける。
謙杜
んぁっ…はぁっ…、♡//
腰をゆるゆると動かす謙杜は
死ぬほどえろくて…♡
駿佑
そのまま腰下ろして?
謙杜
、ん…ぁ、ひぅ…んん゛♡//
ゆっくりと飲み込まれていくと
謙杜のナカがぎゅっぎゅっと
締め付けてくる。
駿佑
ハァ…、//
謙杜
はい、った…♡?
駿佑
まだ半分ぐらいやで?笑
謙杜
ふぇ?// おっきすぎ//
んんぅ…ぁ、すご……//
謙杜がじわじわと腰をおろしていくと、
ある瞬間、謙杜が声を上げると同時に
奥まで飲み込まれた。
謙杜
、ぁ…ふ……んっ…ひぁ゛っ♡ ビクビク
駿佑
んんっ//
駿佑
え、謙杜?//
謙杜
ふぁ…ん、…はぁっ…ん……ぁ♡//
とろとろな顔で
荒く呼吸をする謙杜を見て、
まさかと思った。

両手の力が抜けているせいで
おろされてしまったスカートをめくる。
駿佑
……わっ//
駿佑
謙杜(⸝⸝◜〜◝⸝⸝)♡
出しちゃったん♡?
謙杜
ぅ………///
駿佑
スカートの内側、
べたべたなってるで♡?
駿佑
しかもめっちゃ濃い♡
ほら…♡
スカートを上げ下げすると
白い糸を引く。
謙杜
や、やめっ…////
駿佑
これ以上汚れやんように
脱いどこか(⸝⸝◜〜◝⸝⸝)♡
そう言って脱ぐように促すと、
謙杜は一度、俺のモノを抜いて
スカートとエプロンを脱ぐ。

ガーターベルト全体が晒される。
お腹のところから
左右の脚にベルトが伸びていて、
見てはいけないものを見ている気がしてくる//
謙杜
恥ずかし……///
駿佑
めっちゃ可愛いから
そのまま俺の入れて?//
謙杜
っ………// (コクン)
少し戸惑いつつも、真っ赤な顔で頷く。
一度入れた事もあって
次はすんなりと俺のを受け入れた。
駿佑
ん、じょーず♡
駿佑
ほら、動いて♡?
今日は謙杜がご奉仕する!って
意気込んでたから、
基本的には謙杜に任せようと決めていた。
謙杜
う、うん…//
謙杜
んっ……ん、……っ……、//
腰を前後に動かして快感を得ようとする謙杜。

でも、こんな刺激じゃ足りなくて。
駿佑
謙杜、もっと♡
動かしにくいのか
謙杜は後ろに両手をつく。

体を支えながら腰を動かすと、
謙杜が俺のモノを出し入れするのが
まる見えで、なんかもう……//
謙杜
あっ…んぅ…、っ…はぁっ…♡

………我慢ができなくなった。
謙杜
、ひぁ゛!?♡//
謙杜の腰をがっちりと掴み、固定すると
下からがんがん突き上げる。

なんなんこの可愛すぎるえろい生き物は…!
駿佑
…っ、もう…むりっ…//
駿佑
えろすぎっ//
謙杜
ひぅっ…みっ、ち…っ//
…きょ、ぼくっ…が……ッ//
謙杜
んぁっらめっ…らめっ…はや、い゛♡//
俺が腰を打ちつける度に
ガーターベルトが微かにカチャカチャと音を立てる。

それもまた興奮材料で。
駿佑
我慢、できんって…//
駿佑
謙杜かわいっ♡//
謙杜
あぁ゛っ…んぅ…も、あ゛かんっ…//
意思とは無関係に
謙杜の腰がガクガクと動き出す。

あーもうイッちゃうやろな…♡
駿佑
えっちなメイドさん♡
謙杜
ひぁっ…ふ、…んん゛っ…♡//
駿佑
イケ♡
謙杜の好きな最奥を狙って
思い切り突き上げる。
謙杜
、んぁぁ゛っ♡ドピュッ
ひっん…ッ……はぁっ…ぁ…ッ//ドピュ
奥をグリグリと刺激すると
謙杜は白濁を何度も溢れさせる。


でも、逃す気はまったくない。
イってる時に、さらに奥を刺激する。

ずぽずぽと激しく出し入れすると
謙杜は首を振りながら限界を訴える。
謙杜
んん゛っ…むりっむぃっ…んっ//
そして、服の隙間から手を入れ、
胸の飾りも刺激してあげる。

きゅっと飾りを摘むとナカが締まる。

きっつ…//
謙杜
…、いっ…ぁ゛…やっ…//
ん、も…らめっ…ん゛〜〜〜ッ// ビュルル
駿佑
、ハァ…俺、もっ……// ビュルルル
謙杜の締め付けが強すぎて
最奥で何回にも分けて白濁を吐き出した。
謙杜
んンっ…あっ…、……っ♡
謙杜は白濁を注ぎ込む度に
体を跳ねさせる。
駿佑
ほんま、かわええ…//
謙杜
…っ…ん、………うれ、し?//
謙杜がへにゃと笑い、聞いてくる。

は?//
なにその顔…//
駿佑
最っ高に嬉しいで♡
駿佑
やから、もうちょい付き合ってな?♡
長い長い夜は今からが本番やで?

なんか不安になってたみたいやけど
俺はこれまでもこれからも
ずーっと謙杜しか見てないからな♡

 






・・・🕊️🩷💛

ほんとは!もっと!
させたい事、書きたい事、
いっぱいあったんです😭
でも長くなりすぎるから……😭

ってことで、
また今度こういうの書きたいです…!


近いうちに、リクエストBOXを新しく作るので
ぜひコスプレ系もリクエストしてください🙏笑

プリ小説オーディオドラマ