無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

7話


それから じょんぐくさんに食べさせてもらって☜え.


普通に自分の置かれていた椅子に座ろうとした時、後ろの席の人とぶつかった。








🐭「あ、」








いや、私ってどこまでこのチームのメンバーと関わる率が高いんだよ( ˙-˙ )☜別にいいんだよ?お?( ˙-˙ )











🐭「あなたさん」




『あ、ゆんぎさん……』





🐭「メンバー達がずっとうろうろしてて……笑笑」





『あぁ、同じです笑笑 みんなどっか行っちゃってて笑笑』




🐭「僕の弟達もひょんもみんな行動的な人達ばかりなのでね、、笑笑」






そう言って少し笑うゆんぎさん。











すると、すっと あいりんオンニの姿がみえた。




それをみるとEXOのメンバーと仲良く話している。






それをゆんぎさんも見つけたみたいで




🐭「なんか毎年ここに来ますけど、ここにくると青春って感じがします笑笑」




『あぁ、なんとなく分かります笑笑 そういうゆんぎさんはここで出会いとかは?笑笑』





🐭「あぁ、僕はそういうのはないんです笑笑 自分から行動に出ないってのもあるし、まぁ今は仕事かなぁ……って笑笑」





🐭「唯一出来たとしても僕に何か出来る訳でもないし……笑笑」






『いや!きっと大丈夫ですよ!』





🐭「え、ほんと?笑笑」




『はい!ゆんぎさん、魅力たっぷりな人だから!私はそう思いますよ笑笑』





🐭「………ありがとう」




🐭「あのさ、、」














🐭「連絡先、、な?笑笑」









そう言って照れ笑いするゆんぎさん。








いやもうね、私この人のペンになってもいいって( ˙-˙ )☜え( ˙-˙ )


















でも、それを遠目で見ていた じょんぐくさんはというと








🐰「いやひょん、なにデレちゃってるのさ( ˙-˙ )あんたそんなキャラじゃないやん( ˙-˙ )」






とかいってめっちゃ拗ねてましたよって☜









next