無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3話


いよいよMAMAの収録時間。




え、なんか見覚えのある顔の人がいっぱいある( ˙-˙ )



とか、考えてたりします。




あとは













後ろにさっき色々とあった防弾さんの前に座っていました。☜








なんか天使みたいな人が見えると思い身を乗り出して見てみたらTWICEのサナさんでした☜え









んで、BOL4のsome が流れると後ろにいた てひょん さんが熱唱してて それを笑いそうになって聞いてた私を誰か褒めて( ˙-˙ )☜は( ˙-˙ )







みな、ずっと後ろのじみんさんは笑っているからなんかいい事でもあったのかなって☜え









でもね、そんなことはどうだっていいのさ☜え







私、さっきからすんごく斜め右後ろの方向から目線が来るんです。








見てみると












じょんぐくさんが私のことを真っ直ぐと見ていたようです。








目が合うと








🐰「あ、目……合っちゃった……笑笑」








なんて言うもんですから そうとうビビりました( ˙-˙ )








なんせ、彼氏なんて出来たこともないし、好きな人なんてもう誰もいないし( ˙-˙ )









でも、少しの間そんな感じでいたら隣で するぎオンニが







🐻「そろそろ出番だから行くよ〜」って








あぁ、本番…ねぇ……








やっぱり今心臓がすんごい痛いわねッ☆☜え











ちな、今回歌う曲は




ぴかぶー と ぱるがんま だよん☆☜え




音外さないようにしないと☜



ダンス間違えないようにしないと☜




これ、これがめちゃくちゃ心配よ( ˙-˙ )









んで、やっぱりステージにあげるまでずっと じょんぐくさんにガン見されていたから普通にビビるよね







んで、曲が始まる前にファンの1人がこう言った。






👨「あなた〜!愛してる〜!」







なかなか声が通る人ね☜え







とりあえずこういう時は






『ありがとうって』






そう言っとけば何とかなるらしい☜そうテヨンオンニに言われたっけな











そんなこんなで一応パフォーマンス終わったよって☜はや( ˙-˙ )






next