無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4話


私たちのパフォーマンスが終わり、ちょうど生放送のCM休憩にさしかかった頃




🐰「あのぉ……」と、じょんぐくさん。



『は、はい……』



🐰「あのさ、こんなこと言うのもあれなんだけどさ……」




『……?』





🐰「あの、連絡先………」




『連絡先……?』




🐰「はい、、連絡先教えて欲しいな……なんて笑笑」




『あぁ、全然いいですよ笑笑』







登録完了。☜ちなカトクね




🐰「あの……実は初めてなんです。」




🐰「女の人の名前がここに登録されるの。」




🐰「あ!おんま以外の人でねッ!笑笑」





『え、なんか偉大……笑笑』






🐰「君が第1号だね笑笑」





そう言って くしゃっとした笑みをこちらに向けるじょんぐくさん。




あぁ、なんか今すんごくいい雰囲気だわってみんなの目線がきてるのなんて私たちにはまだ見えないってね☜







そしたら、そんな会話を隣で聞いてた ひよこ みたいな人。




🐥「あ〜!じょんぐがぁ!やっとお前もッ……!ひょんは嬉しい限りだよッ!」




なんて言って糸目で笑う。




なんかすんごく優しい感じの人だな、、




🐥「あ、あなたさん!こんにちは、僕はじみんっていいます!芸名もあなたさんみたいに本名で活動してるんです😊」



また糸目で私に話しかけてくる。




『あぁ、そうですか😊 それじゃあ私たち芸名が本名ってところですんごく共通点があるですね!笑笑』





そう言って私も笑ってみる。




すると





🐥「うん!それじゃあ 芸名が本名同盟!笑笑」









『ネーミングセンス……笑笑』





🐥「あ〜!笑わないでよ〜笑笑」















next