無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

14話




《おつかれさまでしたぁぁぁあ!!》




なんて声がグラスが奏でる音と共に響く。



🐨「いやぁ、ほんとにお世話になりました!!」



🥀「いえいえ、私達の方もお世話になりました!!」




とか話している リーダー同士の会話があったり、



🐥「食べないの?笑」



『いや!!これから食べようと思ってて笑』



🐥「あ、じゃあこれおすすめ!!」



『…………ほんとだッ!!これすごく美味しい!!』



🐥「でしょ?笑」










あ、これ私達の会話だったわ( ˙-˙ )☜は









まぁ、じみんさんといったらたくさんの美味しい食べ物を知っててびっくりしましたよ( ˙-˙ )☜は






んで、それに負けないくらい食に関して詳しいのは そくじんさん。




となりで黙々と食べるのは ぐくさん。





なんか最近私の近くにいすぎませんか?( ˙-˙ )☜は







すると






🐭「お前酒は飲まねぇのか?」







『あぁ、はい笑』





🐭「そうか……」





🐭「あ、でも今俺が飲んでるやつアルコールの濃度薄いぞ?」




『そ、そうなんですね』




🐭「良かったら……飲むか?」




『あ、それじゃa……』



🐰「おいしそうですねッ!!僕が飲みますッ☆」




🐭「チッ」




そう言って何故かドヤる ぐくさんなんてどうですか( ˙-˙ )




てか、さっき舌打ちしたの誰ですか( ˙-˙ )☜は






next