無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

8話



打ち上げ会もそろそろお開きとなった頃、ロビーではカラオケ大会が開かれていた。




今ちょうど歌ってる人はNCT127の確か……






テヨン君だったかな……?





なんかすんごく洗練された声で僕好み。




とりあえず、歌い終わったみたいだから拍手しないと。













あ、次はRed Velvet のじょいさんか。




声がすんごく綺麗な人だったな…



あなたさんは歌わないのかな☜







でもあなたさんのところを見る限り、するぎさんがあなたさんになんか言ってる感じだな笑笑






じょいさんが歌い終わるとあなたさんが早速ステージの方に行ったから自然と自分の拍手が他の誰よりも盛大だった






『あ、えと……私は……』







『IU先輩の 밤편지 を歌います。』





『実はこの歌、最近会えてない日本にいる友達がおすすめしてくれた曲なんです。』





『えっと……聞いてくれると嬉しいです……』







あなたさんは少し自信なさげな意気込みが終わるとイントロに合わせて少しだけ体を揺さぶる。











うん、かわいい、ぐぅかわ( ˙-˙ )☜








そしてあなたさんの歌は心に響いたみたいで会場にいた人ほとんどが泣いてた。




もうね、涙脆いほそぎひょんは目が蛇口になってた☜




ちな、じみにひょんもね笑笑




そして僕も








あなたさんは深くお辞儀して席へと戻っていった。





あぁ、なんて美しいんだろう。




後ろにいたTWICEさんも




🍑「いや〜、私泣いちゃったよ〜」



🍭「ほんとね〜、あの選曲はずるいよ〜笑笑」



なんてサナさんとモモさんが言ってたっけ






僕はしばらく席に座っていたら





🦄「じょんぐが!歌いなよ!」というほそぎひょんの声とともにほかのメンバーも歌えというもんだから





🐰「しょうがないな」とか言いながらしっかりステージの上に上がった。




🐰「え〜と、んじゃ僕 why back home を歌います。」






歌い終わると、あなたさんがわざわざこっちの席まで来てくれて




『私、あの歌大好きなんです!』って……






僕は











”君が大好きなんです”って言いたかったよ( ˙-˙ )☜









next