無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1話


とりあえず、朝楽屋入りしたら色んなアイドルグループに挨拶に行きます。





みなさんで声掛けしましょうね、せーの













れっつごー( ˙-˙ )














んで、今日は私の大好きなオンニと会うことができますねねねね☜え







楽屋挨拶にまわった時、やっとわたしの大好きなオンニの楽屋に着いたと思って思いっきり






『オンニ〜!』って言ってニコニコして駆け寄ったやつが








🐰「………………僕、女の人じゃないです」
















はい、














私の人生きっと終わりました😊____













next