無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

#5 爆弾DASH!!!!!
皇
……………ん………
ノウ
ノウ
ぴんく!起きた!
キラ
キラ
『よかった』
涙
いや〜びっくりしましたよ急に倒れるから
皇
あ………え………………?わたし、倒れ……?
キラ
キラ
『急に立ち上がって、倒れた』
憂雷
憂雷
ここまでは…無双君が運んでくれたよ…
皇
あっ………ありがとう……ございます…………!
無双
無双
どういたしまして
ああ、私はいつも人に迷惑をかけちゃうな。情けない。…なんて、思っていたりする皇。
ノウ
ノウ
思えば、ここ最近何も食べてなかったんだっけ?
皇
あ………うん…………。でも、食べてなくても倒れたことはないよ……?
華炉
華炉
きっと、疲れてるんだね。暫く休んでて…?
皇
あっ…、ありがとうございます………
コンコン
皇
ビク
無双
無双
今度は誰だ………?
首輪
首輪
こんにちは!あたしですよ!
憂雷
憂雷
首輪さん
皇
くっ首輪さん……?
キラ
キラ
『この人も前はここに住んでたらしい』
皇
ほ………ほぅ……………
次々と人が出てきて怖い。
首輪
首輪
あれ、そちらの方は?
皇
すっ……………皇……です………………
首輪
首輪
よろしくお願いします〜!
………………皇にはちょっとキラキラして見えたような気がした。
皇
は………………はい………
華炉
華炉
どうしたんですか……?
首輪
首輪
あ、いえ。ちょっと顔出しに来ただけですよお
ノウ
ノウ
わっかみつあみちゃん久しぶり!
首輪
首輪
お久しぶりです
キラ
キラ
『……あのさ、皇さん』
みんなが話しているとき、キラがベッドの脇で手を招いた。皇は耳を傾ける。
皇
………………?な、何ですか、キラ…、君(小声)
キラ
キラ
『辛いことがあったかもだけど、俺たちの前では忘れていいんだよ』
皇
…………あり…がと
キラ君、いい人だな。私はこういう人が好きなのかな………?落ち着いてて、安心できる。
表情は変わらなかったが、キラが心配しているように見えた。
皇
………えへへ、ありがとぉ
ノウ
ノウ
どうしたの?
皇
ヒェッ………………!
ノウ
ノウ
え、ごめん。なんかごめん邪魔した?
皇
あっ……ううん………!だい、じょう、ぶ……だよ!
ノウ
ノウ
……………ニヤ
キラ
キラ
ゾワッ(嫌な予感)
ノウ
ノウ
いやあ、わっかみつあみちゃんにお使い頼んでたんだよねーギザギザの…………
皇
ぎっぎざぎざ…………?サメの歯ですか…?
キラ
キラ
『皇さん逃げよう』
皇
えっ?な、なんで……………?
憂雷
憂雷
………………(察)
皇
ゆっ、憂雷さん………?みなさん……?なんで後ろに……の、ノウ………くん…………?
ノウ
ノウ
爆弾ー!!!!!!!!
キラ
キラ
DASH!!
皇
キラく………ん!?
キラ
キラ
『皇さん早く逃げて』
殴り書き。
皇
ば、爆弾……………
ノウ
ノウ
はい!ぴんく!
皇
え?あ、壊すんですね………?
チュドム
皇はクナイで爆弾を真っ二つに割る。
ノウ
ノウ
………………え!?
キラ
キラ
『怖』
憂雷
憂雷
つよ………
皇
あ、ごっ、ごめんなさい!!!!壊しちゃ駄目な…………かん…じですか……………?
無双
無双
………まず壊せるものじゃないだろ
皇
え?(素)
ノウ
ノウ
爆弾が効かない棒がここにまた誕生した………悔しい!
皇
あ、えっと……すみま…………せん……?
涙
……………(ー_ー;)
華炉
華炉
す………凄いよ……………
 


















ルフア
ルフア
コソッあのこ怖…………………(小声)