無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第15話

やさしさ。
モトキさんにそう言われ、




シルクさんの顔を覗きこむと


少しだけ赤くなったような気がした。あと
















視線をそらされる。
あなた

シルクさん…?
どうしたんですか??

何も答えてくれない。
シルク
………
あなた

シルクさん…。

返事はない。
マサイ
あなたちゃんそんな顔しないで?
モトキ
あのね、コイツあなたちゃんの為に喧嘩しなかったの。w
あなた

え、?私のため、ですか…?

ンダホ
喧嘩したら、あなたが心配するから。って言って
普段なら殴りかかるのに
我慢したの。ww
あなた

え、、そうなんですか………?

シルク
お前ら余計なこと言うんじゃねーよ、、
少し恥ずかしそうに下を向くシルクさん。
あなた

なんだ言ってくれなかったんですか?

シルク
なゆで?って、、
シルク
だせぇだろ…。
あなた

え、ダサいって何がですか?

シルク
いや、だって、こんなボロボロの格好見せて心配させて


めちゃくちゃだせぇじゃん俺。
あなた

そんなことないです!!

私はシルクさんを見つめたあと




フィッシャーズのメンバーを一人一人見つめて


口を開いた。