無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

episode11
でもまさかそれがホントだなんて、


あなたに話がしたいと呼ばれた
何故か嫌な予感がしたんだ




その予感はあってた

あなたが急に 別れよって
そんなことあるはずないと思っていた
でも理由は単純に俺に飽きていたみたいだ




そうだよな
最近は自分の夢を追いかけるのに精一杯で
あまりあなたといる時間がなかった。


今日だって一日中練習で、今の時間も1時。
浮気する時間だってなんぼだってあるし
されて当然だと思ってる。



だから俺は素直に ''わかった'' と言うしかなかった。



















でも本当は嘘をついてるんじゃない?
あなた、何で目が潤んでいたの?