無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

episode5
JUNGKOOK side

たまたま空気を吸いに行こうと思って散歩してたら
いつの間にか夜の街に来てしまった
ジョングク
ジョングク
あぁ、ホント何してんだろ



横を見れば同い年くらいの子がナンパされてた
最初はなんとも思ってなかったのにオッサンが手を出した時声をかけてしまった





ジョングク
ジョングク
おっさーんロリコンなの?そんな子誘って趣味悪いね
                   そしたらオッサンすぐ逃げてった笑
ジョングク
ジョングク
弱っ笑


あ、あの子まだいる
とりあえず心配しとくか
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
           話を聞いてると俺と同じような子だった。
そう。僕は簡単に言えば親に捨てられた
                        父親は小さい頃に死んで
母親はそのショックか、よく家に男を呼んで行為をしていた。





そしてある日を境に母親は帰ってこなくなった。

小さい頃の俺は泣きながらずっと母親を待っていた。
けど、今考えるとバカだなーって笑う